TOP > 政治・経済 > タバコ健康被害は本当か? なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか | ZUU online

タバコ健康被害は本当か? なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか | ZUU online

44コメント 登録日時:2016-09-24 10:10 | ZUU onlineキャッシュ

愛煙家にとって気になるのが健康問題です。愛煙家にとっては悩ましい問題なのが、健康の問題だ。特にタバコと肺ガンとの因果関係ですが、巷で噂されるのが、喫煙率が下がっているのに肺がんが増えているのはどうして...

ツイッターのコメント(44)

タバコは確かに体に悪いです

ですが、肺がんとの関係性があるかどうかは未だに意見が別れている所ですね

動物実験の内容もありましたが、投与量•投与方法•投与期間で試験結果も様々なので、安易に人と同等の影響力を求めてはいけないです

[喫煙者減]なのに[肺がん増]
IQOSとかはいいんじゃねえの? ニコチンは良いらしい?
当たり前だけど、喫煙だけが肺がんの原因ではないからね。
…よく大きな病気をしたらタバコはやめてくださいと医師は言うが!
そりゃタバコ吸ってすぐ肺がんになる訳じゃないからなぁ。
大丈夫かこいつ
素朴に、あんな煙吸い込んでたら体悪くなるやろって思う / (ZUU Online)
若い頃にタバコ吸ってた今の高齢者層が肺がんになり始めてきたってことじゃないの?と思いました。

肺がんの平均初回罹患年齢って50代とかのイメージあるので、こういう生活習慣病に近い蓄積型のものは時間...
科学的に煙草と肺がんに因果関係は見とれられないという事。
生来の嫌煙、マナーは守って頂きたいが、
原始医学は、詐欺を止め、真の原因メカニズム究明を。
昔タバコ吸ってた世代が歳とって肺がんになってるから肺がん患者が増えてるんやろ、あの真っ黒になった肺見て健康被害ないとか本気で思ってたらあたまの検査受けた方がええぞ
論外!タバコ製造メーカーからの太鼓持ち論文
諸説ある中でタバコの害は認めるとしよう。しかしニコチンがアルツハイマー病とか・パーキンソン病や潰瘍性大腸炎の治療に有効であることが証明されていることも事実である。
煙草は確かに悪いけど、肺がんとの関係性は随分前から怪しまれていたよな
60年間で肺ガン70倍増えるも喫煙者は減る一方
ニコチンがアルツハイマー病とか・パーキンソン病や潰瘍性大腸炎の治療に有効であることが証明されている
タバコ悪玉論は極端に感情的で統計も怪しげとは思っていたけど、やはり根拠が薄いらしい。
てかさ、喫煙は咽頭癌じゃねえの?
>喫煙者数は減少しているのに対し肺がん死亡者数は70倍にも増えていることが分かる。
半端な数値じゃない(汗)大気汚染とか食生活じゃないすかね
私は煙草を吸わんが、煙草は嗜好品なのだから『ルール守れば』吸うのは自由だと思っている。ルール守らず「我慢出来ん」で吸うのは街頭でイチモツだしてしごき始めるのと同じ
嫌煙ファシズムの不都合な真実
まあ、愛煙家としては泉重千代問題があるからね。
多量に吸わなければ・・・なんて思っちゃいます。
リスクは覚悟の上
大きなお世話だ、黙ってろ
前から思っているけれどそろそろ科学的メカニズムは示した方が良いと思う(統計ではなく)。そもそもガンが増えている原因は何だ?
肺がんのリスクとの因果関係は昔から疑われていた部分ではあるけど、だからと言ってタバコが健康的であるわけではない。
私はタバコの臭いが嫌いなので吸ってません。 /  なぜ「喫煙者減...
だから、タバコ以外の原因で肺がんになっているってことでしょ。不思議でもなんでもない。
←肺がん増の原因物質として、中国のPM2.5にみられるような微細な有害物質が原因として疑われるが、たばこ=発がん物質といレッテルを張られるとたばこが売れなくなるわけで
昔のタバコに比べて燃焼材が増えたと聞いたけど...
やっぱり葉巻がいいな。葉巻を吸う時間を持ちたい
。統計の読み方に問題あり。1950年代と2010年では肺がん死亡者の年齢はどうなんだろう。死亡原因と死亡年齢の比較が必要だなー。
60年間で肺ガン70倍増えるも喫煙者は減る一方
要は肺がんの患者たちがタバコを吸っていたかが重要で
喫煙が減ってるのに肺がんが増えているのは昔吸っていたのでは?
つまり動脈硬化でしょうか。
タバコの害が30年残るという記事もあったけど、どちらにしろ、吸わない方がいいようだ。
だから身体に悪くないとでも?
喫煙の影響は10年、20年遅れて現れる。今の喫煙者数と肺癌患者数を比較することはナンセンス。:
衛生学と数学勉強してから書いていただきたい。それと日本語も勉強した方が良いと思われる記事です。
この葦原佑樹ってやつをググってもクソ雑誌の記事しかないぞ
感染症死亡率低下して高齢化社会になってんだから致死率高い肺がん患者増えるのは当然だからな
個人の主観がエビデンスより強い根拠になってる意味わからんし
ま、その通りなんだけどね…。→
なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか(ZUU online)

結局、どうまとめたいのか分からん。肺がんはタバコを吸ったら直ちになる訳ではないでしょう?これまで長く喫煙したら発症するなら増加するのでは?
なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか(ZUU online) デマだろ!喫煙者は、自業自得でタバコを吸っている。受動喫煙の被害なんかある訳ない!アルコール飲酒により人の命が奪われている現実の方が大問題だろ
喫煙はリラックスやリフレッシュの為に適度にマナーよくやればいいんじゃないのかな?酒と同じで。 >
普通に考えれば、喫煙率の増減と肺癌の増減にはタイムラグがあるだろう。
すこいね。肺がんの原因はタバコだけの理論だ。タバコの因果関係なんて調べる必要も感じないが
JT全国喫煙者率調査によれば喫煙率は1966年が83.7%でしたが、2014年は30.3%です。
以上

記事本文: タバコ健康被害は本当か? なぜ「喫煙者減」なのに「肺がん増」なのか | ZUU online

いま話題の記事