TOP > ネタ・話題 > 3歳児には死の概念がない - ←ズイショ→

3歳児には死の概念がない - ←ズイショ→

息子があんこを好きで、そして時節柄なので柏餅をもりもりと食べている。そんな彼を見守りながら俺は「嚙め噛め」「飲み込んでからもう一口いけ」「そんな大きく一口いくな」「頬張るな」「お茶飲め」と五月蝿い。 ...

ツイッターのコメント(16)

あったあった、こないだ読んだやつ ンアア……ってなる (嫁)
わかりみが深い。家の幼児2匹、カジュアルに新青梅街道の染みになろうとする。
子育てあるある。0歳児は寝返りで窒息しにいくし、ハイハイするようになったらなんでも口に入れるし、歩くようになったら急に車に向かって走り出すし、小学生になったら高所からジャンプしたがるし、基本的に人間の乳幼児、放っておくと死ぬようにプログラミングされている。
これブログ記事なんですか?と思うくらいには文章が良い
すごいな、この日常からの展開がすごい、シメの重さまで
>彼はまだ死を知らない。
子育てしている親だとものすごくわかる。
泣いて笑って、また泣いた
“そんな、人が丹精かけて育てた生き物をな、さくっとすり潰して2,3年で使い潰すなよ。”

親がリソースと愛を注いだ生物に対してブラック企業しかり、モラハラ恋人しかり、学校のいじめ等も含めて悪となる存在・社会が正直怖い。いや勿論、命をかけて守るけど。
「3歳児には死の概念がない」……パパも子にギガント煩いのでメッチャわかる。子供は勝手に育たないし、見てなければガチで危ないし、保育園は神。
舞城王太郎チックで凄くいい文だ。
>が、子供を持つと変わるよね//そんな、人が丹精かけて育てた生き物をな、さくっとすり潰して2,3年で使い潰すなよ。殺すなよ。それは明確に俺の敵だ。人が、バトンを繋ぐように己の人生の時間を捧げて世に送り出した人間を、マンガン電池のように扱う社会には完全にNOだ。
すごくよく分かる
死なせないように必死で育てた人間を、搾取してナンボな企業がすり潰して殺すのは本当に許せない。税金を払わせるだけ払わせて助けないどころか私服を肥やす政府も絶対に許さない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR