良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門の感想と注意点

24コメント 2022-08-06 07:18|Zenn

ツイッターのコメント(24)

|さざんかぬふ とても良い記事。自分もこのように素晴らしいところと賛成できない部分があると感じた技術書について書評する能力が欲しいと思わされた。
|さざんかぬふ この本読んでないけどJavaなので買うべきか迷いどころ🤔
そういえば積んでるな
著者もわかっているけど言語化がミスった箇所と素で間違えてる部分がありそうなんだよね
日本語って難しいなという感想
設計に関する意思決定の裏には必ずトレードオフがあるから、明確な前提の定義にどちらか一方が良いと言う主張はリスキーってことだなあ
この記事の主張がかなり的を射てるなと感じました
Domain Primitive(書籍でいうValue Object)が可読性を下げてでも安全性を担保するものであって、基本的に可読性が上がるものではないという点には特にハッとさせられました
全部読みきれてないけど、読んだ。あぁー、なんか腑に落ちるなぁってことが結構書いてある文章/
iPhone でソースコード読むのけっこうつらい気がする・・・

「私がiPhoneのkindleで読んでいたからかもしれませんが、全体的にサンプルコードのインデントがぐちゃぐちゃになっており違和感がありました」
僕も同様に感じた点が丁寧に言語化されていて非常に良かった
感想と見せかけたレビューかと思い読んだらタイトル通りほぼ感想だった、という感想です。
まあ確かに例に違和感を覚えたのは自分だけじゃないとは思うんだけど、設計のべき論をだれでもわかるような抽象的な例でやるのは本当に難しいし、よく一つ一つの例を考えたなあ、そこは認める。にならないのが日本のエンジニア界隈の怖いところ..
おもしろかった。長かった。
セキュアバイデザイン、噂を聞けば聞くほど酷い本なんだなと言う知見が溜まっていく。 /
ボトムアップに積み木を真上に積むだけでは少しずつのズレでやがて崩れる。
トップダウンでモノを落としても正確な位置に積むことは難しい。
ずれなく正確に積もうと思えば上からガイドビームを照射して下から積み木を置く。
ということが改めて認識できた。
自分の経験から導いたのか、何らかの原則から導いたのか客観的になかなか整理できないから言語化するのは大変だな。本を出せる人は凄いよ。
超力作だ。元の本を読んでないけど、どちらかというと「データとロジック分離しようぜ派」なので、とても分かりみのある記事だった。
近いタイミングで僕と似たような記事が公開されてた。僕も長々書いたと思ったが、この記事の方が大ボリューム!僕の記事にもいいねしてくれた人だった。
|さざんかぬふ
見てる:
すごく良かった。/
マスター管理にできるものはする、というのは一番最初にすべき大切な設計。外部設計。誰のためのシステムなのか?というところに刺さる。この本のサンプルをチラ見して「自分とは合わなそうだな」と思ってスルーしたところでもあるが、他にもいろいろあるのか。
以上
 
PR
PR