TOP > ネタ・話題 > Rustこそがシステムプログラミングの未来(で、C言語はもはやアセンブリ相当)なら、Rustで書かれたドライバのコードをLinuxカーネルは受け入れるべきなのか? - YAMDAS現更新履歴

Rustこそがシステムプログラミングの未来(で、C言語はもはやアセンブリ相当)なら、Rustで書かれたドライバのコードをLinuxカーネルは受け入れるべきなのか? - YAMDAS現更新履歴

Intel の主席エンジニアの Josh Triplett の Open Source Technology Summit 2019 での講演 Intel and Rust: the Future o...

ツイッターのコメント(19)

Rustこそがシステムプログラミングの未来(で、C言語はもはやアセンブリ言語相当)なら、Rustで書かれたドライバのコードをLinxカーネルは受け入れるべきなのか?
Rustもちょっと触ってみたい…
楽しそうな話だ
C言語がアセンブリ言語とか迂闊な発言はしない方が身の為だと思うなりが、、、
LinuxカーネルにRustコードが受け入れられる可能性が出てきたのか。面白い。
あとでよむ
C言語と同レベルでカバーできれば凄いですね。
Discover(Google)から
コンポーネントによって言語を選べないモノリシックな構造をそろそろ見直しても良い。obosoleteと言われて何年? /
rust ってそんなに良いん?
リーナスがrustについてどう思ってるか知りたいな。
Rust興味あるなあー。
リーナスのRustへの見解によって風向きが変わりそう >
コンパイル言語の場合、評価のポイントは2つあって、ひとつはその言語自身でコンパイラが組めるかどうか、もうひとつはその言語自身でOSが組めるかどうかだ。RustコンパイラはRust自身で書かれていると聞いたことがあるので、あとはOSが組めるかどうか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR