加速する半導体微細化「30年代後半にも数Å世代へ」、ベルギーimec | 日経クロステック(xTECH)

ツイッターのコメント(15)

加速はしてなくて密度だけなら原則してないように見えるというだけな気が。
微細化は、そこまで進むのか。
は健在と
楽しみすぎる
30年後半には2Å世代でトランジスタ密度は今の100倍
演算量の上昇によって機械学習が広まったように、思ってもみないテクノロジーが生まれそうですね
非常にワクワクします
やっぱりムーアの法則は継続するか。開発者たちは2Å(0.2nm)世代を見据えてる、と。まだまだコンピュータは能力向上しそうね。
ムーアはまたしばらくだいじょぶぽい?
物理幅ではないけど、オングストロームかぁ
現在、世界で実用化されている先端半導体は3nm世代で、半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)などは25年にも2nm世代の生産を始める計画だ。imecは今後も微細化が継続すると見込む。
原子で最も小さい原子番号1番、水素原子が1Å。CFETでできるかな?
●FORKSHEETをちゃんとGAAのカテゴリ
●CFET(GAAのn pを二段に積んでセルハイトシュリンク)の世代後ろに2D材料

の2点が整理された笑。
あとはVLで見せる裏面配線くらい?
以上
 
PR
PR