TOP > IT・テクノロジー > 日立の英国向け鉄道車両「クラス800」亀裂は車体つり上げポイント | 日経クロステック(xTECH)

日立の英国向け鉄道車両「クラス800」亀裂は車体つり上げポイント | 日経クロステック(xTECH)

 英BBCなどの報道によれば、日立製作所が製作した英国都市間高速鉄道計画(IEP)向け車両「Class 800」シリーズの複数両で亀裂が見つかり、2021年5月9日までに同車両を使用している鉄道会社が...

ツイッターのコメント(14)

「17年10月に明らかになった、神戸製鋼の政変データ偽装…の対象製品だったとされる」

あらら。


(日経クロステック)
と、日立が「車体下部にある『リフティングポイント』と呼ばれるアルミニウム合金製部品」でクラックが発生したと発表していたのか。とするとアルミだったか。

日経XTECH「日立の英国向け鉄道車両『クラス800』亀裂は車体つり上げポイント」
> この車両構体用のアルミ合金押出材は神戸製鋼所が納入した。17年10月に明らかになった、神戸製鋼の製品データ偽装(検査証明書のデータ書き換え)の対象製品だったとされる。
おっと、英国のクラス800に不良発生。もしかするとほぼ全部に波及するかも
なお実車の方は神戸製鋼君のやらかしでアレな模様。
>この車両構体用のアルミ合金押出材は神戸製鋼所が納入した。17年10月に明らかになった、神戸製鋼の製品データ偽装(検査証明書のデータ書き換え)の対象製品だったとされる。
この記事よむと、NGワードの「Aトレイン」と「神戸製鋼所」が出てくる時点で終了になる…。
バカみたいによく壊れるんだよなぁ
色々解析してガチガチに強化して付けてても
なんでかって?
解析かけて赤くなかったら「OK!わ~いわ~い!」だから
そうじゃねーだろ分かってないなぁ…ということ
最初「台車」に亀裂って報道だったから心配したけど、不幸中の幸い? >

| 日経クロステック(xTECH)
日立イギリス鉄道800形はハイブリッド車両。ベンツのエンジンを積んで電化されていない区間も走行する。売れてる。車体の下にクレーンのワイヤーを引っ掛ける部分があってヒビが見つかった。自動車のジャッキポイントみたいなもの。EUの部品で作られているから色々大変…
は?
吊り上げ部分アルミ合金なの?
アホでしょ
Class800ってコベルコのアレだったのか・・・
0510 亀裂が生じた場所は「車体下部にある『リフティングポイント』と呼ばれるアルミニウム合金製部品」で「運行時には使用されない」と日立製作所は説明。素材は神戸製鋼所が納入。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR