「台湾有事は必ずある」、半導体30年停滞でTSMCは垂涎の的に | 日経クロステック(xTECH)

 米中半導体摩擦を背景とした新たな半導体サプライチェーンをめぐり、各国が岐路に立たされている。その渦中にあるのが、世界の...

ツイッターのコメント(14)

半導体と太平洋を望む山をとる!と考えてるのさ☆( ̄ー ̄)ニヤリ
🇹🇼有事は必ずある
>「台湾有事は必ずある」、半導体30年停滞でTSMCは垂涎の的に |
冷静に合理的に考えたら台湾とっても別に、だけど、中国って文化大革命する国だからね プロの人が台湾有事はあるって言うならあるんだろうね
日経の記事、本文中では
『広い意味での「台湾有事」は必ずあり得ると我々はみています』
なのだが、タイトルだと「広い意味での」が抜けている。
有事に関する記事での煽りタイトルは配慮を欠いている。

「台湾有事は必ずある」、半導体30年停滞でTSMCは垂涎の的に
ロシアのウクライナ侵攻で、戦争の在り方は大きく変わりました。小型ミサイルが非常に有効だと判明し、軍事力を計る尺度が変わりました。そのためにも先端半導体は欠かせません
自分で書いた指摘を無視してまで半導体枯渇の文脈で台湾有事を語りたいアホ。安全保障の議論なんて所詮こんなもんだ。
有料記事ですが…

広い意味での「台湾有事」は必ずあり得ると我々はみています。武力による手段ではないかもしれません。親中派の議員を台湾内で増やして、同派の総統を擁立する可能性もあります。世論操作もあるでしょう

興味深い内容です
こちらの方が現実味あるね。中国は世界の先端ロジック半導体の9割を生産するTSMCがどうしても欲しいんだ。武力行使はなくとも経済主導権を争う闘いはずっと続いている。
中国による台湾奪取の確度の高い情報があるんだろうな…そうじゃなきゃTSMCが必死に工場を分散したり、支持率3割の総理大臣が増税してでも防衛力強化を言い出すはずないもの→
まあ、それが西側と中国のお互いの生命線なのではあるよなぁ。

>「台湾有事は必ずある」、半導体30年停滞でTSMCは垂涎の的に |
ロシアのウクライナ侵攻で、戦争の在り方は大きく変わりました。戦車の台数や戦闘機の機数の勝負ではなくなりました
--
兵の数、砲の数、弾薬の供給能力は今でも非常に重要で、戦車がないと塹壕や敵陣地ぬけないという従来の常識が確認された、でないかね。
なんかこの記事
いろいろ捉え間違えてない?
必ず『起こす』の間違いでは?

「台湾有事は必ずある」、半導体30年停滞でTSMCは垂涎の的に |

シリコンが兵糧攻めで飢える国民を養えるとでも…?
以上
 
PR
PR