TOP > IT・テクノロジー > 雨が降ろうが風が吹こうが消えない聖火を実現したアルミ合金成形技術 | 日経クロステック(xTECH)

雨が降ろうが風が吹こうが消えない聖火を実現したアルミ合金成形技術 | 日経クロステック(xTECH)

 聖火にふさわしいのは赤々と長く鮮やかに延びる炎。この炎と、風雨に対する消えにくさを両立してほしい─というのが東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の要請だった。

ツイッターのコメント(14)

ほんとだめっちゃ消えないアピールしてる(╹◡╹)
ちゃんとしてそうなのにな…。
🗣消えた🗣
「日本企業が持つ高い技術力を結集して」とか、まあ使い古されたフレーズやが、今や冗談しか聞こえんな。しっかり仕事してえな。
これでも消えたと……。
一年前の虚しい記事。
日本企業が持つ高い技術力を結集して
炎の見た目と強さを両立した

⇒ 実際には、風も吹かずに鎮火したニッポン製のトーチ(笑)‼

日経XTECHが聞いてあきれる❣
晴天で消えないとは言ってない……
雨も降らなかった風も吹かなかった
NHKでめちゃくちゃ宣伝してたの覚えてる
うーんこの
「新しく開発した聖火リレー用トーチは...日本企業が持つ高い技術力を結集」
「暴風雨でも消えない炎を実現」
これがきょうは好天にもかかわらずフッと消えたわけですから、非科学的な存在を信じたくなってしまいます。八百万の神が五輪やめろやめろと叫んでいるわけです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR