TOP > IT・テクノロジー > 「デジタル敗戦」は大笑い、日本や日本企業は戦ってもいないから没落あるのみ! | 日経クロステック(xTECH)

「デジタル敗戦」は大笑い、日本や日本企業は戦ってもいないから没落あるのみ! | 日経クロステック(xTECH)

 「何で日本はこんなに駄目になったのか」。IT関係者だけでなく日本人の多くがそう感じていることだろう。もちろん私もそう思う。誰もが完全に思い上がっていたバブル期以降、日本経済はずっと下り坂だ。少子高齢...

ツイッターのコメント(13)

アメリカは格差社会、中国はああいう国。
文化大革命かでかつての遺産を断捨離したのか。
だからこそ発展するという点があり得る?

じゃあ日本はどうしたら彼の言うIT長者の夢が出てくるのか。
中の記事読めないけど、ITの仕事が下請けや海外に丸投げするだけになったからじゃね?
ハナホジ( ´_ゝ`)
笑ってる場合じゃないんだよなぁ
日本市場が中途半端に大きいから、茹でガエル状態になってしまうんだよな。いっそ、敗戦時と同様に最悪のレベルまで落ちてしまえば、みんな危機感を持つはずなのに。
僕の勤める会社もそうだけど、役員代わり外部のITベンダーに丸投げし始めて以降、自社の仕組みさえ理解しない、他人仕事のシステム部隊になり下がりましたからね。
>これにて日本が得意とした製造業、ものづくりの時代が終焉(しゅうえん)に向かい、IT/デジタルによるコト(サービス)の時代が始まった。

| 日経クロステック(xTECH)
「人月商売からの脱却」をもっと真剣に考えなくてはいけないね。
そうそう、優秀な技術者は外資に転職した方が個人として幸せになれると思うよ。日本のITベンチャーも結局給料安いしね。
「ゆでガエル状態になっていない人や企業は、そんな日本と運命を共にする必要はない」
なるほどねー。
備忘録。筆者は今回は本当の暴論だというが、正論だと思うね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR