TOP > IT・テクノロジー > コロナ禍の5大システムトラブル、みずほ銀行だけではない「あきれた事情」 | 日経クロステック(xTECH)

コロナ禍の5大システムトラブル、みずほ銀行だけではない「あきれた事情」 | 日経クロステック(xTECH)

 みずほ銀行のシステムトラブルのお粗末さには驚かされた。そう言えば最近、お粗末なシステムの重大トラブルが多すぎる。引き起こしたのは官庁や金融機関、通信事業者といった面々で、あまりに愚かすぎてまさに意味...

ツイッターのコメント(10)

確かに多いけれど
一番驚いたのは東証

みずほ銀行は殿堂入り
「仕組み」の欠如

・・・ というより、「これは大丈夫だろうか?」「ここにこういう仕組みを組込む必要があるな」等を問う/想像する「問い力」「想像力」の問題でしょう。
職種や状況によっても違うでしょうに。万全期してCOCOAに1年では意味ない。通信企業が金融とか、専門外のことに手を出すのも一因かと。中国の「とりあえず」は好例の取り上げ方多いよね。>
現場が、現場の、現場力、、、本当に日本企業は「現場」が好きだが、そのことが、全体の仕組みの欠如と表裏一体とはねー。納得しすぎて読みながらずっと頷いていた・・・🤔
サービス全体の仕組みを作れない「日本の組織文化の病」/
誰も検証してないネットワークの結末
【特別定額給付金オンライン申請
ドコモ口座不正出金
東京証券取引所システム
COCOA不具合
みずほ銀行システム】
│ | 日経クロステック(xTECH)
記事「システム障害など非常事態が発生した際に、サービスへの影響を極小化してリカバリーするルールが、組織に仕組みとして実装されていない」

正論。ITシステムではその「実装の弱さ」が白日の下に晒されるが、一般的な社会保障制度ではこの欠缺は受益者にのしかかる。
東証はやむを得んとして、
・みずほ
・COCOA
・ドコモ口座
・定額給付金

は、多重階層だからこそ起こったことであるわけで。
他人事だと思えない怖さがある。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR