TOP > IT・テクノロジー > ウッドショックの根本原因は輸入材に依存し過ぎた家づくりにある | 日経クロステック(xTECH)

ウッドショックの根本原因は輸入材に依存し過ぎた家づくりにある | 日経クロステック(xTECH)

 木材の需給が逼迫して価格が高騰する“ウッドショック”に、住宅業界が強い危機感を抱いている。この根本的な発生原因は、輸入材に依存し過ぎた家づくりにあると筆者は考える。家づくりで用いる梁材や柱材など全て...

ツイッターのコメント(11)

もっと国産の木材を使えないかとは思うよね。日本の林業はもっと見直されないといけないと思うなあ。
ウッドショックが起きて、注文住宅は値上げしてるらしい。国産の需要が上がる?のかと思うけどそれはそれで金額高そうだし、環境問題も関連してくるしで難しいですね。
最近ウッドショックについてのツイートが多く見受けられるのと、知合いでも話題となる事が多くなってきてます。
わかりやすくまとめられている方の記事があったので、
ウッドショックとはなんぞや?
となっている方参考に
世界的に木材の需給がひっ迫して「ウッドショック」が起きているという記事を見かけるようになった。
日本では森林資源が潤沢なのに、生産性の低さにより国産より輸入材偏重だったことも問題に拍車をかけているとのこと。
これを機に国産材が増えると良いですねえ。
”梁材は、国産材への仕様変更が最も難しい部材だ。国産材のマツやヒノキは輸入材のベイマツやレッドウッドよりも曲げヤング係数などの部材強度が低い”

| 日経クロステック(xTECH)
”三栄建築設計~オープンハウス~ケイアイスター不動産が21年4月13日に共同で設立~日本木造分譲住宅協会”
”ウッドショック対策のため設立した組織ではないが,国産材~安定供給することを設立の目的に掲げている”
コロナ禍を戦時中に準ずる状況だと捉えて、内需を強化していく他ないと思う。
時間がかかりそうな問題ですね(汗) / (日本経済新聞)
「国産材を使って安定価格で安定供給できる体制の構築」って対応出来る林業家ってまだ居るのかな?
安全装備を充実させて事故率も下げなきゃ。あばれる君じゃないんだからさ。
-------
ウッドショックの分かりやすい記事。 

原因は
・米国内での新築住宅需要の増加や木材相場の変動
・中国の経済回復などに伴う木材需要増
・コンテナ不足
→日本向けの輸入材と原木の供給量が大きく減少

とはいえ日本の輸入材に依存し過ぎた家づくりに原因あり。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR