TOP > IT・テクノロジー > 福島沖浮体式風力発電の実証実験を“失敗”と批判する不思議 | 日経クロステック(xTECH)

福島沖浮体式風力発電の実証実験を“失敗”と批判する不思議 | 日経クロステック(xTECH)

 この数カ月間、脱炭素や再生可能エネルギー、そして水素社会関連の話を聞かない日はないほど、日本や世界のエネルギーを改革しようという動きが活発になっています。

ツイッターのコメント(17)

環境省による導入可能量のデータによれば、日本の風力発電の導入可能量は16.9億kW(1690GW)と膨大です。そのうち、洋上風力は14.1億kW(1410GW)。

…3.11から10年です。
風力発電の導入量は多くない。
具体的な導入計画が必要と思います。
「風車2基の単年度収支は黒字化可能」
壊れまくった2基はいずれも新技術の開発に挑戦した結果。しかも当初より実験期間を延長してデータを取った。
…転んでもタダでは起きずに経験を積んだなら、褒めるべき事案?
いまだに風力発電反対の根拠にされる福島の件。地理的要素で送電しきれない電気をどうするかという意味でも水素が脚光を浴びている。
実証後に引き取り手がいなくて撤去というのは(望ましくないけど)他にもあるパターン。その結果に対する原因分析は報告書の中でされるものだし、商用できてバッチリ採算取れる案件だったら面倒な実証事業とかする必要ないわけで。
「風車2基の単年度収支は黒字化可能」
そうか。北海道の風で発電したら、送電線の関係で送れない分は水素生産に使うなどのエネルギー変換で対応することもできるんだ。
記事に書かれているが、内容も大事だがちゃんとまとめて報告して欲しいですね。
メディアのニュースではわからん。
風力は稼働率さえ稼げれば安いはずなのでめちゃくちゃ作りまくってほしいんだがなあ… ソーラーよりずっと良いと思うんだが
福島沖浮体式風力発電の実証実験で使われた無駄な税金について追及すべきじゃないの日経!
壊れなければそれなりの稼働率が出る、と言うのは良い情報だけど、福島に関連ビジネスを立ち上げると言う目的は全然駄目だったから、プロジェクトとしては失敗と言えるんじゃないかな。
-------
わたしも”失敗”だと思っていたけど、そもそも期限が決まってた”実験”だったのね。こういう情報を知っていないと、批判ばかりする人間になってしまう。怖い、怖いww
風力発電を全否定しないが、事業化が拙速に過ぎる。
1410GW分の洋上風力の年間発電量は、仮に設備利用率が商用化時の採算ラインといわれる30%だとすると、約3705TWh。現在の日本の年間電力消費量は980TWh前後なのでその4倍弱の規模。
三菱:開発したばかりの油圧式増速機の2号機が故障ばかりだった。設備利用率3.7%
日立:ネガティブダンピング技術の2号機がまともに可動せず。設備利用率14.8%

どちらも風車発電からは撤退。
そもそも「実証実験」するレベルまで技術開発が進んでいたの?と呆れてしまった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR