TOP > 政治・経済 > 【日本中で絶賛の声】国会でまたもや山本太郎議員が魂の叫び「二度と保守と名乗るな!保身と名乗れ!」「官邸の下請け、経団連の下請け、竹中平蔵の下請け」 - 健康になるためのブログ

【日本中で絶賛の声】国会でまたもや山本太郎議員が魂の叫び「二度と保守と名乗るな!保身と名乗れ!」「官邸の下請け、経団連の下請け、竹中平蔵の下請け」 - 健康になるためのブログ

14コメント 2018-12-08 17:15  xn--nyqy26a13k.jp

山本太郎氏が与党に「保守と名乗るな」と怒り絶叫 各議員の投票の際、自由党の山本太郎参院議員は、「牛歩」で最後の抵抗を試みた後、演壇の上から「(法案に)賛成する者は、2度と『保守』と名乗るな!。保守と名

ツイッターのコメント(14)

健康法.jp/archives/45039
太郎さんの魂の闘いを絶賛してくれる人の多くが、選挙になると自由党って書いてくれない( ;∀;)→
本当にこれ。賛成した議員は恥を知れ。
たろちゃん!!(TдT)
保守と呼べる政治家など、日本には居ない。
居るのは保身しか頭にない政治屋だけ。
山本太郎を除いては。
山本太郎の言ってることはもっともなんだけど、やっぱりこういう扇動的なところには疑問を感じるなあ(´・ω・`)
政党でみるとクズとクズの罵り合いだけど、山本太郎は本当にそう思うなら別の政党でも立ち上げて、既存政党とは違う政治をやってほしい。
【日本中で絶賛の声】国会でまたもや山本太郎議員が魂の叫び「二度と保守と名乗るな!保身と名乗れ!」
我々が言いたいことをよくぞ代弁してくれた太郎!
ネットで山本議員の行動を支持する声が、あまりにも多くて驚いています。
↓(引用)
山本太郎、イイじゃん。
自由党の山本太郎参院議員が、「牛歩」で最後の抵抗を試みた後、演壇の上から「(法案に)賛成する者は、2度と『保守』と名乗るな!。保守と名乗るな、『保身』だ!」と、与党席に向かって絶叫!
「保守じゃなくて保身だ」というのは名言だと思いますが、考えてみれば〈保身派〉ってのも凄い言葉ですよね。単なる自己中であって、もはやイデオロギーですらありません。
これは山本太郎先生に賛同。保守とは対極にあるような人達が『保守』を自称している。歪な世の中になったものだ。
この叫びは国民の叫びと受け取りたいが国民がなぜにこうも平然としてられるのかも不思議だ。。。人任せで良いのか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR