TOP > 政治・経済 > 【イブキング】自民・伊吹元衆院議長がド正論「憲法改正は憲法のどこを読んでも内閣総理大臣はおろか内閣には決定権や提出権はなんらありません」 - 健康になるためのブログ

【イブキング】自民・伊吹元衆院議長がド正論「憲法改正は憲法のどこを読んでも内閣総理大臣はおろか内閣には決定権や提出権はなんらありません」 - 健康になるためのブログ

11コメント 2018-10-27 16:27  xn--nyqy26a13k.jp

「憲法改正、安倍首相に焦燥感あると思う」自民・伊吹氏 (所信表明で安倍首相が憲法改正について、「国会議員の責任を果たしていこう」と述べたことについて)内閣総理大臣は国会に対してああいうことを言うのはい

ツイッターのコメント(11)

安易に改正はできないが、第96条に憲法改正のことが書かれている。
少なくとも安倍首相は国民に憲法を考える機会を作っていることは確か。
改正云々は別にしても、平和ボケの国民が多すぎるので良い機会だと思う。
これも自民党
は憲法を「詳らかには読んでいない」のじゃないかな。
自民・伊吹元衆院議長がド正論「憲法のどこを読んでも内閣総理大臣はおろか内閣には憲法改正の決定権や提出権はなんらありません」憲法は政治家公務員の暴走や犯罪を防ぐためにも存在するので、政治家公務員が憲法を変えてはならないと明記しているものなぁ。
やっとまともなこと言う自民議員が…
こんな当たり前の話がニュースになるほど、恐るべき状態になっているということか。

だとすると
【閣議決定】を使うのかな
そうそう。少なくとも、僕は高校の公民でそう習った。
自民党の現役の議員からこういう声が山程出れば良いんだけどね…。----
じゃあ何でアレは公衆の面前で堂々と改憲を叫ぶのだろう。ヤラセ?狂気?ロボット?勘違い?

自民・伊吹元衆院議長がド正論「憲法改正は憲法のどこを読んでも内閣総理大臣はおろか内閣には決定権や提出権はなんらありません」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR