TOP > ニュース総合 > NHKオンライン > 全小中学生「通常...

全小中学生「通常学級」を研究|NHK 東海のニュース

37コメント 登録日時:2018-12-20 11:17 | NHKオンラインキャッシュ

子どもたちの個性をより生かす教育に転換しようと、名古屋市は、障害などの理由で「特別支援学級」で学んできた子どもも含めて、すべての小中学生が…...

Twitterのコメント(37)

"障害などの理由で「特別支援学級」で学んできた子どもも含めて、すべての小中学生が「通常学級」で一緒に学べる仕組みを作れないかなどを研究する方針です。"
ちゃんとしたインクルーシブになるといいけど...
どんな「みんなの学校」になるのか楽しみ。
私の自治体「原学級」保障しているけど。勤務校も原学級保障している。誰一人、支援級には行ってない。
ここで言われている大阪市の1校は大空小学生かな?
どうしてこんな報道になるのやら。
おお!大空小学校だ!
自治体レベルで研究するのは素晴らしい!
頑張れ名古屋市!
インクルーシブを盾に大人の思惑を通そうとする匂いがする…
これは酷すぎるニュース!
発達障害の子どもなど障害特性をすべて無視していますよ!
間違ったインクルージョンです!
私も目指しているインクルーシブ教育。
実現するには、教職員の人数を増やし、意識改革も必要です。大人の目と手ももっと必要になってきます。教育にはお金をかけてほしいと切に願います。でもでも、絶対実現したい!
下手したらビッグ・ブラザー化するんじゃ。 / "0002431.html"
結局さ、支援級という制度が何故始まったかも忘れてるんでしょ?自分もそんなよく知りませんけど。
まず職員増やそうや。
全国に名古屋市のこの動きが広まっていきますように。

1994サマランカ宣言における「当事者参画」を想起してほしい。
学校教育は、学習者主体であるということ。

学ぶ場の選択肢が増えるということは、
子どもの将来において選べる進路の幅が広がる可能性があるのです。
名古屋市は、障害などの理由で「特別支援学級」で学んできた子どもも含めて、すべての小中学生が「通常学級」で一緒に学べる仕組みを作れないかなどの研究を始めることになりました。
第一回勉強会は12月28日(金)から←なぜこの日?

NHK
ふつうって何?がこれからも続いて欲しいです。
「どんな子も教室へ!」「みんなおんなじ教室で!」

ん?

教室に戻す以外の選択肢増やしてあげたらいいのに笑

教室でしか学べないことはない
以下記事より

名古屋市は、小中学校の教育を子どもたちの個性をより生かす内容に転換できないか検討する中で、新たに、市内の小中学校の教員たちに参加を呼びかけて、勉強会を立ち上げる方針です。
まず、全小中学校に「特別支援学級」を配置して初めて「インクルーシブ」に移行する仕組みが作れるのではないかと思うけどな。
名古屋市が特別支援学級を全校に配置しているのかは知らんけど。
これ、大阪の豊中市は昔からずっとやってるやん。うまくいってるかは微妙やけど。
支援級の増加を受けて、根本的な教育の見直しに繋げてもらいたい。
特別支援教育は必要だけど、みんな通常学級で過ごせることが、社会にとって必要だよね。
名古屋市がインクルーシブ教育を前向きに検討とのこと。でも記事内に「インクルーシブ」という単語はなく「自治体レベルで導入することになれば、全国的にも極めて珍しい」とあるけど、40年前から豊中がやっていることは無視?(^^;/全小中学生「通常学級」を研究|NHK東海
名古屋市370の小中学校が『みんなの学校』になる日が来るのかな。
講演&ワークショップをさせていただきます。→
名古屋市!大空小学校の取り組みを全小中学校に水平展開するのか!凄い!

こういうダイバーシティ&インクルージョンが、実は、いじめ対策として一番効果的なんじゃないかと思っている。
これが全国に普及すれば、日本も変われるかも!
方向性としては、すべての学級を「特別支援学級化」することでしか成立しないんじゃなかろうか。
教育内容を変えるというより、通常学級1つあたりの生徒数を減らせば適応可能な支援級生徒はいるのかもしれない。5人から10人くらいのクラス。
新しい教育の一歩となってほしい。
20人学級で支援員2、3人付ければいけると思う。
「大阪市立の一つの小学校」って大空小のことじゃないか。あれを「仕組み」のおかげで実現してると捉えてる時点で絶望的認識だな。

木村校長の「教育方針」に宿る普遍性を研究して、これを会得した人材を、予算をつけて育成・確保しないと先生も生徒も簡単に詰む。
2018年はこの段階というメモ。"こうした教育方法は、大阪市立の1つの小学校ですでに採用されているということですが、自治体レベルで導入することになれば、全国的にも極めて珍しい取り組みになる" / "全小中学生「通常学級」を研究|…"
愚かな…。
寧ろ逆。
習熟度別に細分化できるならすべきであり。
へぇぇ。統合かぁ。

個人的には、全小中学生を特別支援学級にする、みたいな命名の方が、賛成しやすいんだけどな。
まぁそれはそれで実態がついてこなくて形骸化した時につらいけど。
これをどう考えるかなあ。無条件に諸手を挙げて賛成……というわけにはいかないかなあ。どういう動きになるのか、見極めていかないとな。名古屋市かあ。
「大阪市立の1つの小学校」に心当たりがありすぎる
めざすのは大空小学校なんかな。
名古屋市すごいな、気になるな。
知り合いのブラジル人によると、ブラジルでは支援級は無く、遅れている子も普通級でお友達が手伝ったりして一緒に学んでいると聞いたことがある。
大変興味深いニュース。これを目指して子供が頑張っているので😌
理念としては非常にいい方向性ですが、実効性ある予算付けができないと、通常学級に支援が必要な子どもを放置することになってしまいます。
以上

記事本文: 全小中学生「通常学級」を研究|NHK 東海のニュース