上高地のサルが魚食べて越冬 科学的立証は初 信州大チーム|NHK 首都圏のニュース

長野県松本市の上高地に生息するニホンザルが魚を食べて越冬していることが明らかになったと信州大学などの研究チームが発表しました。ニホンザ…

ツイッターのコメント(11)

確かに僻地を流れる小川のイワナ、冬の方がよく見かける。水量少なく水が澄んでいるからかも。猿も捕まえやすい。
木の実だけじゃ寒いよね。タンパク質と脂質は大事。
猿って魚食べるんだな
カニクイザル とかいるけど、
ニホンザルが雪景色の中で魚を食べる映像はみたことがない。

寒い中で川に食料を求めるのがスゴイ。
(;^ω^)
上高地のニホンザルが魚を食べて越冬 その様子を撮影するのも科学的に立証したのも世界初 信州大
ひゃ、百匹目の…
“「上高地のニホンザルは世界のサルの中で、最も厳しい寒さの環境で生息する集団とされているが、その独特な越冬の方法として、魚など川の生物から得た栄養源に頼っていることが立証された」”

ふんからイワナのDNAが出たらしい。
長野県松本市の上高地に生息するニホンザルが魚を食べて越冬していることが明らかになったと信州大学などの研究チームが発表しました。
信州大チーム
以上
 
PR
PR