TOP > 社会 > 多摩北部医療C小児科入院停止|NHK 首都圏のニュース

多摩北部医療C小児科入院停止|NHK 首都圏のニュース

20コメント 2020-11-22 21:40  NHKオンライン

東京・東村山市にある多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認されて医師などが自宅待機とな…

ツイッターのコメント(20)

これうちのエリアめっさ関係あるな(妹夫婦も)
東村山 子ども ...
◆NHK首都圏 11月22日

…多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナへの感染が確認されて医師などが自宅待機となり、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止しています。
東京・東村山市にある多摩北部医療センターで小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認され医師などが自宅待機に、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止中。
多摩北部医療センターで小児科病棟に入院していた患者1人の感染が確認され、勤務していた医師5人と看護師8人、看護助手1人の合わせて14人が濃厚接触者に。
⇒この14人が自宅待機、小児科の診療体制が縮小され、22日~新規の入院患者の受入を停止
2020年11月22日(日)21:35 東京都・ 首都圏 東村山市の多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナ感染確認。医師などが自宅待機となり、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止
医療崩壊の始まりっぽいよね。そのうち日本も米国のように、感染してても出勤しろ、と医師や看護婦に言うようになるかも。
= 「入院していた患者1人の感染が確認され、勤務していた医師5人と看護師8人、看護助手1人の合わせて14人が濃厚接触者にあたることが分かりました。そのため、この14人が自宅待機となり、小児科の診療体制が縮小」
入院している患者からの感染発覚。無症状で出入りしている感染者からうつされたということなんだろうか。
東京・東村山市にある多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認されて医師などが自宅待機となり、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止。
小児科病棟に入院していた患者1人の感染が確認。医師5人と看護師8人、看護助手1人、計14人が濃厚接触者にあたる。
14人が自宅待機となり、小児科の診療体制が縮小、22日から新規の入院患者の受け入れを停止。
東京・東村山市にある多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認されて医師などが自宅待機となり、この影響で…
多摩北部医療センターでは小児科病棟に入院していた患者1人の感染が確認され、勤務していた医師5人と看護師8人、看護助手1人の合わせて14人が濃厚接触者で自宅待機となり、22日から新規の入院患者の受け入れを停止
「多摩北部医療センターで、小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認されて医師などが自宅待機となり、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止している」・・・

首都圏
小児科病棟に入院していた患者1人が新型コロナウイルスへの感染が確認されて医師などが自宅待機となり、この影響で病院は小児科の新規の入院患者の受け入れを22日から停止しています。
←検査スンナ派の所為だ💢
多摩北部医療センターでは小児科病棟に入院していた患者1人の感染が確認され、勤務していた医師5人と看護師8人、看護助手1人の合わせて14人が濃厚接触者にあたることが分かりました
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR