TOP > 社会 > 西浦教授 山中教授とコロナ対談|NHK 首都圏のニュース

西浦教授 山中教授とコロナ対談|NHK 首都圏のニュース

新型コロナウイルス対策について、国のクラスター対策班のメンバーで北海道大学大学院の西浦博教授が京都大学の山中伸弥教授と対談し、西浦教授は現…...

ツイッターのコメント(13)



「増加の背景には、接待を伴う飲食店に関わる人たちなどに対して、積極的な検査が行われていることがある」「『背後で地域の中で広がり始めているように見えるデータがある』と述べ、市中で感染が広がり始めて」
「野球で言うと、まだ2回表で新型コロナウイルス側が攻撃している」←名言出た
@sazuku335 また8割おじさんが物申してます💦   「感染した人の致死率は日本も欧米も変わらず、重症化する頻度は変わらない」らしいよ😤
日本人でも致死率、重症化頻度は欧米と変わらない、市中感染が広がっている、分水嶺とか言いながら、まだ2回戦と9回戦まで社会は耐えられるの?
緊急事態宣言解除でヒトの防疫行動も甘くなり4月より危険な感じですね
日本のトップドクター2人が、まだ、感染者が、200人オーバーする前に警鐘を鳴らしているのに、小池都知事も西村経済再生大臣も、無視するのか?また、何故、経済再生大臣が、コロナ対策をやっているのか?私は、
野球で言うと、まだ2回表で新型コロナウイルス側が攻撃している。
と述べ、世界各国の状況を見ながら、複数年にわたる対策が求められるという認識を示しました。
予告編、西浦先生が忖度せずに山中先生をボコボコ..
>背後で地域の中で広がり始めているように見えるデータがある
>感染した人の致死率は日本も欧米も変わらず、重症化する頻度は変わらない
「野球で言うと、まだ2回表で新型コロナウイルス側が攻撃している」

もうコールドゲームでいいです……。
国のクラスター対策班のメンバーの西浦博教授が山中伸弥教授と対談し、西浦教授は現在の感染状況について「社会全体で接触を削減しなければならない状況になるか、その分水嶺にさしかかっている」と述べ、地域の感染状況に応じた対策をすみやかに行う必要性を強調した。
山中教授と |NHK 首都圏のニュース

「この対談は10日午後6時から13日午前9時まで、学会のウェブサイトを通じて公開されます。」
>山中教授が日本でも対策を取らないと、欧米のように多くの人が亡くなるおそれがあると指摘したのに対し、西浦教授は感染した人の致死率は日本も欧米も変わらず、重症化する頻度は変わらないと説明
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR