100年後もこのゲームで遊びたい夢をかなえる「神移植」職人の技|サイカルジャーナル|NHK NEWS WEB

「ゲーム、遊んでますか?ボクは相変わらずです」 ある会社のホームページの「代表メッセージ」に目がとまった。 古いゲームを新しいゲーム機でも遊べるように「移植する」ことで、未来に受け継ごうとしているとい...

ツイッターのコメント(239)

少し前の記事ですが、オススメされて読みました。内容が興味深いのはもちろん、書き方がうまくて読みやすいですね。楽しませていただきました。こういう切り口の企画を少し前からやりたいと思っているんですが……課題もあって、やれていないのが悔しい。
狂ってる。すごい。
クオリティーのコントロールは、最初の出力だけではなく、出力物をみていかに理想を上げていけるかの調整が大きい部分を占めている事を感じた。
自分の製作を正しく振り返って向上させていけるようになりたい。
Gダライアス移植のエピソードがすごくいい。
「ゲーム、遊んでますか?ボクは相変わらずです」
“この移植、権利を持つゲーム会社に許可を取らずに勝手に始めた…元となるプログラムも、ゲームの基板も手元にない…ゲームの動きやキャラクターのデザインを目で確認して内部の処理を想像しプログラムを考える…「目コピ」だけで作ったプログラムを開発元の会社に持ち込んだ”
良い意味でNHKにしては珍しい題材の記事で面白い。処理落ち再現の話までちゃんと拾っていて感心しました。

100年後もこのゲームで遊びたい 夢をかなえる「神移植」職人の技 - サイカルジャーナル
いやぁ、昔秋葉原で遊んだゲーム、パソコンで再現されていないものも沢山あるなしなぁ
いい記事だな / NHK 「ゲーム、遊んでますか?ボクは相変わらずです」どうやらこの会社、ゲームファンの間では「神移植」と噂される業界でも有名な会社らしい。そこには、驚くべきこだわりの世界が広がっていた。
NHK発信でこんなに
濃ゆいゲーム関連記事は
初めて見た
 
PR
PR