“国内最古 恐竜の卵の殻の化石は新種” 筑波大など 発表 | NHK | 岐阜県

11コメント 2022-11-24 19:03|NHKオンライン

【NHK】1億3000万年前の岐阜県の地層から見つかっていた国内で最も古い恐竜の卵の殻の化石は、新種だと筑波大学などの研...

ツイッターのコメント(11)

卵の殻が新種って⁉️詳しいことは先生ご出演の日に番組内で聴けるかな^ ^期待しています。
| 岐阜県
デシナソー田中先生が!
12月4日(日)の 藤前干潟サイエンスカフェ「鳥の祖先の恐竜のはなし」の講師である田中康平さんなどによる研究が紹介されていました。
先生と岐阜県博物館などの研究グループの調査結果。
次期アプデでラモプリズマトウーリトゥス・オオクライの実装決まったな。
見た目は卵の殻でいいよもう。

| 岐阜県
先生も先輩も本当に尊敬です!
こういうのはいい刺激になるね
制作した復元画が使われています。
驚きで胸がワクワク‼️
岐阜県立博物館での展示おねがいします‼️😆
ぼくも見つけたいです‼︎日本の新種化石⭐︎

!!
毎度のことだが発見から新種ってわかるまでが長い

の恐竜分野の田中先生
“新種の卵の殻の化石は、発見者の大倉正敏さんの名前にちなんで「ラモプリズマトウーリトゥス・オオクライ」と命名されました“

ウォークライみたいでカッコいい
以上
 
PR
PR