生産性に自信? 在宅勤務めぐり上司と部下で大きな認識のずれ | NHK | 新型コロナウイルス

51コメント 2022-09-23 17:18|NHKオンライン

【NHK】コロナ禍で多くの企業で在宅と出社を組み合わせた働き方が定着しましたが、部下の生産性に自信があると答えた上司が1...

ツイッターのコメント(51)

リモートワークになって、情報収集を「兼ねる」ことは難しくなった

ランチで近況を聞いたり、業務しながら自然と同僚の状況が耳に入ったり

一方でリモートワークでは、雑談を目的に時間を確保する
出社にはメリットがないと納得いかなくなった。ただ単にルールだからというのは全く理由になってないと感じる。
「部下の仕事ぶりが見えない」54%の管理職のプロファイリング

・部下に下ろすタスクの粒度が巨大(もしくは丸投げ)
・やたらガントチャート作るが、締日ありきの逆算方式
・『報連相』が口癖(相談しても助けてはくれない)
これは、私が企業取材してても同じような印象。従業員よりも管理職の方が「生産性が低い」と口にする。

テレワになって1番いらないものは「管理職」だとわかってしまった部署もあるだろうね。

1番仕事してないの管理者のお前じゃんwとかありそう。まあうちの部署がそうだったけど。
逆転に言うと、部下が出社していたら部下の生産性に自信が持てるのかも知れませんが、それはただの幻想です。

「出社している」=「仕事している」と思い込んでいるだけです。
昔のタバコ部屋じゃないけど、リモートばっかだと無駄話で息抜き&情報交換、収集的な時間が無くなるよね。
夜の飲み会とかは面倒だけど、たまにはオフラインでランチミーティングとかはいいかもね。
中堅以下であれば、リモートワークは生産性が落ちているんじゃないですか。自分で課題設定出来て動ける人じゃないと無理ぽ
> 部下の生産性に自信があると答えた上司が1割程度にとどまる一方、自分の仕事ぶりを生産的だと思う部下は9割近くに上るという調査がまとまりました。
<< 業種や職種によってテレワークとの相性は変わると思うので、こういう風に大きく括る記事はあまり意味がないと思う。>>
Microsoft調査。これはMSがVivaを売り込むための調査に違いない。
世の9割の上司は生産性なんか考えてなかったから「自信が無い」状態で、部下はそんなウザいだけ上司と会わなくなったから「生産性が上がった」と感じているのかもしれん。
「54%が部下の仕事ぶりが見えないと答えています」って言ってる管理職は自分の仕事できてないってってことなんでしょ。自分の無能を部下の生産性に置き換えんなよ
在宅勤務にかかる興味深い調査。アフターコロナの働き方はどうなるのでしょうか?独立FPの場合は、自宅をベースに仕事しますし、そもそも個人事業主なので自由&自己責任ですね😀
面白いデータですね。部下は生産性確保できてる!という旨と管理職は仕事ぶりが見えない!という。
管理職さんは生産データではなく職場のデスクに向かう人を見てるんだなぁ…と。見てるものが違うし、管理職は業績以外を見るのが仕事…なのか…
これニュースで見て、日本だけではなく、海外でもそうなんだ…って驚いた。

じぶんのこと、言っちゃわり〜けど、在宅期間の生産性…超絶自信があります!
在宅勤務で済ませられる会社員って毎日どんな仕事をしてるんだろう🤔
毎日現場からの電話で、あっちでトラブったらあっちへ走り、こっちでトラブったらこっちに戻り、海外の客先でトラブったと聞けば海外まで飛んで行ってた身としては全然想像がつかない。
まさにこのズレに直面している。
どうやったら埋まるんだろうか、このズレは…
--------
:それって成果主義ではないですよね?ってだけの話だと思ってる。
成果の定義が曖昧だからなのかな?
昭和世代で括るな。昭和世代の無能の呟きにしてくれ
会社のある都心に住むと、住宅費がかかる。ましてや、子どもがいたら無理ゲー。そうすると、少し郊外に住むことになり、通勤時間がかかる。満員電車もきつい。しかし、通勤時間にお金は出ない。通勤時間を勤務時間として手当を出せば、出社を希望する人が増えるかもしれない?
部下の生産性に自信があると答えた上司が1割程度にとどまる一方、自分の仕事ぶりを生産的だと思う部下は9割近くに上るという調査
マイクロソフト
コロナ禍が収まろうとも、在宅勤務の機運を絶やしてはならぬ!
それぞれの事実。

収斂の途中。    (^_^)/
上層部ほど対面とかオンライン打合せ顔出しこだわる is ふざけんな
うちのとこ、自分でタスク管理全くできてない人が、出社必要な仕事を全部ぶっちして、在宅勤務で仕事できてる、出社組は時代遅れって言ってるケースが多いからだいぶ印象悪いよ。
大事な指摘。

"柔軟な働き方を実践するリーダーこそが人材の潜在力を引き出し、企業の業績につながると提言しています"
上司と部会 その認識は真逆
部下は在宅勤務のほうが清算性が上がるエビデンスを示さかないと
何が出来ていれば生産的なのか
上司と部下での合意が必要

部下側は下げ目に申告したい一方
上司側は上げ目を求め結果重視かな

刺さるタイミングでの報告を心がけねば
むしろ多くの管理職は不要と言うことではなかろうか。
「部下の生産性に自信があると答えた管理職は12%。従業員は自分の仕事ぶりが生産的だと答えた人の割合が87%」→「自信がない=信用していない」なのでは?それより、実は管理職は要らないという考えにはならないのか?主体的な実働社員さえいれば回る。私は昭和世代。
殆どの人間は経験して初めて理解するか、経験しても理解出来ない。経験知見不足の若者の勘違いと思い上がりが増えそう。日本の生産性は更に下がるだろう。
いくら分かってますアピールしようが、いくら自分が出来ますアピールしようが結果出来てなければ何にもならないのですよ!せめて段鼻芯と蹴込み芯位理解してほしいものですよ!平成生まれ、令和生まれ!ww
相手がブラックボックス化する事は、ある程度理解出来ます。
対面よりも言語化が必要なのは明らかとは思います。
| まぁ、若手は在宅勤務の方が仕事も捗るし、ミーティングで意見も言いやすいですよね。一方で言い方悪いですが、仕事ぶりをきちんと公平に評価できない無能な管理職が炙り出された結果だと思います。
ハハッ、先輩、出社してても生産性ないっスねww
日本遅れてる、日本の会社ときたら、ってこういった件でも意識高い系のひとたちは日本ネガキャンしがちだけど。アメリカの管理職も大して進んじゃいねーじゃん。>
働きかた改革なぁ〜…🤔
「在宅と出社を組み合わせた働き方の場合、部下である従業員の生産性に自信があると答えた管理職は12%」「従業員は、自分の仕事ぶりが生産的だと答えた人の割合が87%」
上司と部下 生産性感覚のズレ
モニター前での会社帰属意識の希薄化
モニターから先にどの会社がぶらがってるか興味なくなって
部下にとっては会社への帰属意識より賃金/待遇しか興味なくなる
派遣会社でなく22世紀に主流となるプロジェクト駆動型会社誕生のチャンス
在宅は生産性が悪い。
断言する。
俺は確実にサボるから。
コロナ禍で多くの企業で在宅と出社を組み合わせた働き方が定着しましたが、部下の生産性に自信があると答えた上司が1割程度にとどまる一方、自分の仕事ぶりを生産的だと思う部下は9割近くに上るという調査がま…
在宅勤務をめぐって上司と部下のあいだで大きな認識のずれが浮き彫りになりました。
ぼくもなかなかなもんですよ。
上司の能力が問われるのはそうだろうね。遠隔操縦だで
上司は部下と上司の両方の仕事やったことがあり、部下は部下の仕事しかやったことがない。部下に上司の仕事はわからないから、部下がラクしたがるのはあたり前。
上司が部下達のアウトプットそのものをきちんと把握できてない感が強そう、そしてアウトプットではなく「眼の前で働いている様子を見ることで生産性を発揮していると勘違いしていた」可能性もありそう。なので、在宅化でそれが消えると以下略と。
以上
 
PR
PR