弥生時代のすずりに国内最古の文字 分析結果 油性ペンのインク | NHK

44コメント 2022-09-09 16:41|NHKオンライン

ツイッターのコメント(44)

倭国に文字が公伝したのは継体朝とされているが、弥生時代の遺物から「山」という文字が書かれた跡が発見されていると読んだ。通常は倭国での文字の発見は古墳時代以降とされてるのだが。
ちなみに近年、松江で発見された弥生時代中期の文字は油性ペンだった模様。
捏造ではなく、単純に紙などからインクが移っただけのよう。こういうこともあるんですね。
イトテキでなかったことをよしとしないとなぁ。
ただし同じミスを犯さない細心の注意が必要。
捏造は日本考古学のお家芸
今後は弥生人や縄文人ていう意味不明な呼び方やめて油性ペン人や
つまり、弥生時代にはすでに油性ペンが存在していた
コレ、最初は砥石じゃないかって言ってなかったかな?その後墨っぽい汚れがあるってことで硯石じゃないかと言い出して、結果がコレだと最初に戻る。
つまり、弥生時代にはマジックインキがあったんだよ! ナ、ナンダッテー
のんびりしてるなあ「文化財の取り扱いには改めて注意をしたい」>
おー,田和山遺跡。松江市立病院の隣りにある遺跡やね。発掘自体はだいぶ前に終わって今は公園になっている。松江市はここを観光スポットにしたいらしいw
弥生時代にはすでに油性サインペンが使われていたんだな、、(´・ω・`)
硯として使われていたことも怪しくなったわね。
以前話題になったやつだけど結局この1サンプルしか出てこなかったから、いつかこうなっただろうな感がすごい。
油性ペン…(´・ω・`)
弥生時代に油性ペンがあったら逆にすごいけどw
弥生時代のすずり”国内最古の文字”?
結果は
はっきりしてよかった。
こういうのを間違えると、歴史が変わってしまう。
油性ペンは弥生時代には存在してた?(違う
今日の地元紙のトップニュースが間抜けすぎるんだが…
トホホだけど、なんか笑っちゃう😆
オチは、文化財の取り扱いは気を付けよう、でした(^_^;)!
捏造じゃなくてよかったよ
「松江市埋蔵文化財調査課は、出土品を見分けるための情報を書いた紙を、ぬれた状態の石に置いた際にインクがうつった可能性がある」
ミスによるもの、かー。故意でなければまあ、しょうがないw:
発掘後に油性ペンの裏写りがあったとの推測
当時油性ペンが存在した可能性の方は考えないのか!!
この見出しを読んで「まさか、弥生時代に油性ペンがあったなんて大発見じゃないか!」と思ってしまうくらいには疲れている■
興味深い
この件での教訓は「だいじなものの上で文字を書くな!」ってことだね(´・ω・`)
家電量販で働いてたとき、客が洗濯機の上で、紙にボールペンで金額メモしやがってはっきり残ったからね。ものの上で絶対に書くなと
罪がなかった、ということで。 ~
すずりがあるって事は、
文字が使われてた可能性も高いわけで。

まずは本当にすずりだったのか
是非何とか証明して欲しいですね
悲しい話だ…
誰がこんなことを
がっかりです😖
弥生時代に、すでに油性ペンがあった!?(こういうのを陰謀論と言います。気を付けましょう)
松江市の遺跡で出土した弥生時代中期のすずりとみられる板状の石に残されていた文字のような痕跡について、国内最古の文字の可能性があるとする見解が研究者から示されていましたが、詳細な分析の結果、油性ペンのインクだったことがわかりました。
----
ぬああ、そういうことだったかー。弥生時代の中後期に文字あっても全然おかしくないし。新発見に期待しよう。
なんて事だ!
墨をすって、書かないとダメじゃないか!

墨汁はイカンぞ。化学成分が含まれるから。

あ〜あ。
少なくとも、「国家」がないところに文字はありません。
故意につけたモノじゃなさそうとのこと。なんにせよ、残念だったね。
『 油性ペンのインク』
なんですかこの、壮大なオチ。
このニュースタイトルだと「弥生時代に油性ペンが! オーパーツ発見」に見える。
「最古の文字ではなく、油性ペンのインク」
こういう事もある。
以上
 
PR
PR