銃撃事件相次ぐアメリカ 本格的銃規制法が28年ぶりに成立 | NHK | 銃乱射

17コメント 2022-06-26 06:31|NHKオンライン

ツイッターのコメント(17)

乱射事件なんか無いのに……
これで反抗するすべかなくなった
アメリカ版刀狩り
まあいくら市民が反対しても通すんだけどね
これでもまだ甘過ぎると思うのはアメリカに住んでないからなんすかね…
中絶は後退しそうだが、銃規制は前進かな。
アメリカのバイデン大統領は25日、議会の上下両院で可決された銃規制を強化する法案に署名し法律が成立しました。
バイデン大統領は中間選挙を意識して「歴史的で記念すべき日だ」と述べたようですが、主な変更点は銃の購入可能年齢が18歳から21歳に引き上げられただけ。乱射事件防止の実効性はわかりません。買えなくても、他人から盗んだり親の銃を持ち出す等いろいろできますから。
▽ アメリカで銃撃事件が相次ぐ中、バイデン大統領が21歳未満の銃の購入者に対する審査の厳格化などを盛り込んだ銃規制強化の法案に署名し、法律が成立しました。本格的な銃規制の法律が成立したのは28年ぶりです。
そうなのか、
脱原発や人工中絶違法化と一緒で改革を恐れるなと言いながらこんな事をすればかえって社会混乱を招くだけやのに…まあ他人様の国の事で内政干渉する気はないからそれが民意ならお好きにして頂いていいんやけど。
★常識で考えれば良い事と皆思う。
しかし米国の場合、グローリスト・シオニスト・〇ダヤと言う勢力が居ることを忘れてはいけない。
彼らは組織的に不法な手段で銃を手に入れて、民衆を恐怖に陥れる光景が見える。
これは今日のニュースです
本格的銃規制法28年ぶりに成立
素晴らしい
アメリカ国民のパワーと民主党・共和党の党派を超えた協力が大きな成果に結び付いた

嬉しいよ😃😂
アメリカの子どもたちや市民たちと共に喜んでいます
「銃の購入者が21歳未満の場合は犯罪履歴やメンタルヘルス面などの審査を厳格化することや、著しく危険とみなされた人物から銃を没収できるように州政府を財政面で支援することなど」この程度のことでも画期的なんだろうな😅:アメリカ
ほう。
何にせよ、事件が減るとええのう。
『 本格的銃規制法が28年ぶりに成立』
これは、あまり意味ないでしょう。
銃の販売自体を禁止する事と、既に所持している人から没収するべきです。
(NHK) アメリカで銃撃事件が相次ぐ中、バイデン大統領が21歳未満の銃の購入者に対する審査の厳格化な
以上
 
PR
PR