ミャンマー軍の弾圧による死者2000人超 事態収束見通し立たず | NHK | ミャンマー

ツイッターのコメント(10)

日本政府と日本企業が、間接的にも直接的にも軍を支えているかぎり、事態が収束するわけがない。

| ミャンマー
軍は、クーデターに抗議する市民に発砲や暴行を繰り返し、現地の人権団体「政治犯支援協会」のまとめによりますと、22日までに合わせて2007人が死亡しました。
軍の弾圧による死者2000人超

拷問で殺害されている人も増えています。
日本政府は、ODAもその他の経済支援も見直さないままです。いつまで状況を注視し続けるのでしょうか?
⭕在ミャンマー米大使館は「ミャンマー軍は市民に非人道的で残虐な行為を行っている」と非難。
しかし、日本はミャンマー軍から士官候補生や幹部を自衛隊に受け入れ軍事訓練を実施😰即刻中止すべき😠💢🐈
死者は、軍と民主派の抵抗勢力の戦闘が続く北西部のザガイン管区で相次いでいます。
軍は重火器で村を攻撃し、住民を拷問するなどの弾圧を行っていて、今月6日には仏教施設に避難していた市民に対し、背後から兵士が発砲するなどして11人が死亡したということです。
ミャンマーに平穏な日が戻よう、一刻も早い終息を願います。
以前のようにミャンマー出張できる日が待ち遠しい…
ミャンマー情勢をめぐってはASEAN=東南アジア諸国連合が軍と民主派の対話を仲介する特使を派遣し、働きかけを行っていますが、事態が収束する見通しは立たず、市民の犠牲が増え続けています。
(NHK) ミャンマーで、去年のクーデター以降、軍の弾圧によって死亡した人が2000人を超えたこ
何度も繰り返します。
防衛省・自衛隊は、クーデター軍に対する事実上の軍事支援をただちに中止しなさい。
以上
 
PR
PR