がん細胞からiPS細胞作製 がん治療薬応用に期待 東大医科学研 | NHK | 医療

ツイッターのコメント(14)

がん細胞は、通常の方法ではiPS細胞にならないことが知られていますが、がん細胞の働きを止める薬剤を使うことでiPS細胞を作り出せることを東京大学などのグループが突き止めたと発表しました。

  NEWS WEB より
「がん細胞に治療薬の候補となる薬剤を加えたうえで、iPS細胞が作製できるかどうかを調べれば、薬の効果を判定できる」「実際に明細胞肉腫というがんの治療薬の候補となる薬剤が見つかった」
がん細胞は、通常の方法ではiPS細胞にならないことが知られていますが、がん細胞の働きを止める薬剤を使うことでiPS細胞を作り出せることを東京大学などのグループが突き止めたと発表しました。
病気で苦しんでいる方の希望の
光になれば…
がん細胞とiPS細胞の関係自体全然知らなかった。勉強になる。
こういうのにガシガシ予算注ぎ込んでくれぃ。
発想がスゴイ

がん細胞→そのままではiPS作れない
がん細胞の動きを止める→iPS作れる
ならば、
がん細胞にがん薬候補を使う→iPS細胞を作れる=薬が効いた
がん細胞にがん薬候補を使う→iPS細胞を作れない=薬が効いていない
医療の進歩すげぇー
東京大学医科学研究所
山田泰広教授らのグループ

がん細胞からiPS細胞を作成 、 。
/ NHK
論文読まねば
〔最新ニュースダヨー!〕 がん細胞は、通常の方法ではiPS細胞にならないことが知られていますが、がん細胞の働きを止める薬剤 ‥‥‥
以上
 
PR
PR