国民 玉木代表 “維新と改めて合意文書作成を” 参院選めぐり | NHK | 参院選

ツイッターのコメント(24)

玉木さん、それは、トップとしては、やってはいかんよ。

右腕が意向と違うことを外部にしても、それを受け入れなければ器の小ささを露呈するだけ。問題あるなら次に起きないように内部でPDCA回せばいいだけ。
この人はほんとにあっちにふらふらこっちにフラフラ。

なんの信念も方向性も無い。
もしかしたら最悪では?
松井代表怒ってますよ。たしかに松井代表の言うとおりだと思います。玉木さん、この時期にふらふらしてたら選挙負けますよ。立憲にひっぱられたら修理でしょうね。
恥ずかしい政党の体をなしてない
はっきり言います。
ふざけんな🤬
顔も見たくない人‼️
恐ろしく単純化して言うと前原さんは維新寄り、玉木さんは八方美人、榛葉さんは非自民反共産。党分裂の目は前からありましたけど、どうなるんでしょう。/
党内ガバナンスというか、チームワーク良くうまくやってほしい。そして維新との連携は深めてほしい。
国民民主党は所属議員数が少ない割に「党としての一体感」がまるで無い。玉木雄一郎代表の「名ばかり代表」感が充満している様に見える。誰も言う事を聞いてない。いずれは「馬糞の川流れ」?
前原、榛葉は玉木党から離党したらいいかも。
😕どうして旧民主党の方々は、現状維持が出来ないんだろうか?

😟そのままのほうが良いのに、いっつも選挙が近づくにつれて『政権交代』の野望が強すぎて結果的に敗退に追い込まれるよね。
<玉木代表は記者会見で「合意文書は党の公式文書にはなっていない。正式な文書を新たに作るよう指示しており、幹事長間で協議する。修正するのか、もう一度作り直すのかも含めて協議する」と>

| NHKニュース

結局何がしたいんだろう。国民不在党です。頭の中にあるの権力闘争だけ。
民民の支持母体はUAゼンセン
労働組合は労働者ではなく資本家サイドに立ったということ
夏の参議院選挙をめぐる日本維新の会との合意文書について、国民民主党の玉木代表は党の公式なものにはなっていないとして改めて文書を作成したいとの意向を示しました。
その前に「民主」を名乗るのを止めろ。
「われわれは『反自民・非共産』の立場だ」と発言したことについては「政策本位で与野党を超えて連携協力していくというのが党の方針だ。
なんなのこれ。
前原氏の勇足なのか、内容を本当に変えたい箇所でもあるのか、合意文書締結から数日経て、再作成したいとは。
〝この合意文書に関連して榛葉幹事長が先週「われわれは『反自民・非共産』の立場だ」と発言したことについては「政策本位で与野党を超えて連携協力していくというのが党の方針だ。原油の高騰対策などをめぐる与党との協議の枠組みは変わらない」と述べました。〟

だよね。
>「合意文書は党の公式文書にはなっていない。正式な文書を新たに作るよう指示しており、幹事長間で協議する。修正するのか、もう一度作り直すのかも含めて協議する」
烏合の衆としか(泣)
これで民民も完全に与党化・補完化が完了した。対する野党は共闘のレベルが低く、共産はプーチン侵略に関する発言で知識層が離れ、立民は芳野友子氏に牙を抜かれ、おそらく参院選の結果は、惨憺たるものになるような気がする。
«国民民主党は、夏の参議院選挙の京都選挙区と静岡選挙区で日本維新の会と協力することを決め「政権交代を実現する」などとした合意文書を交わしましたが、「事前の了承手続きがなかった」などと党内から異論が出たため日本維新の会に再協議を要請しています。»
以上
 
PR
PR