福島第一原発 1号機の格納容器圧力低下 放射線量に変化なし | 宮城 福島 震度6強 | NHKニュース

22コメント 2022-03-17 18:09|NHKオンライン

ツイッターのコメント(22)

溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています。
大麻を栽培してみてください放射能も吸収する力があるそうです
先日の地震の影響で起こったことが色々書いてある。
既に福島第一原発は影響を受けてますが佐々木俊尚氏のロジックだと「こんなもの大したことないじゃないか?想定内だろうがバカ」と言いそうだがどうなんでしょうか?
圧力が低下したのは、原子炉格納容器の損傷が拡大し空気が漏れたから。いつまで建物として保つのか。
昨年2月13日の地震で格納容器内水位低下、そして今回の地震で圧力低下となれば、炉心が溶融した福一1号機格納容器の地震に因る損傷を強く疑う。圧力低下で水位が下がれば核燃料デブリが露出する。
気圧が下がったということは格納容器内の空気が外に漏れたということです。もともと大震災とメルトダウン事故であちこちに穴やクラックが開いていますから、それが今回の地震でまたひどくなったというだけです。
東電発表は大本営発表と同じカテゴリNHK発表も大本営発表と同じ。
こんなん異常なしなんて報告できるわけねえじゃん
>11年前の事故で溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています
第一と第二。津波は20センチ>>>
福島第一原発では、燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています。建屋の外の放射性物質を測るダストモニターや放射線量を測定するモニタリングポストの値に、変化はないということです。
📝
引用:東京電力によりますと、福島第一原発1号機では、燃料デブリがある格納容器の内部の圧力が地震の直後に上昇したあと下降し、地震の前と比べて低い状態になっているということです。
穴が拡がったのか?
水に浸ってる限り問題ないでしょうかね。
漏れがないのに圧力が下がるって現象はありうるのか?!
まあ本当何も片付いてないんだよなあ
放射線量に変化なし|NHKニュース
福島第一原発と第二原発では、それぞれ午前1時半すぎに最大20センチの津波を観測しましたが、いずれも原子炉建屋がある敷地の浸水などの被害はなかったという
異常があっても異常なしと伝えるのがNHKの仕事(マジやべぇーの意味)
変化はない、とか問題はない、とかが全部本当ならいいのだけど。
よくない。 ”福島第一原発1号機では、燃料デブリがある格納容器の内部の圧力が地震の直後に上昇したあと下降し、地震の前と比べて低い状態になっている...”
かなりヤバいことになっている
福島第一原子力発電所では、11年前の事故で溶け落ちた燃料デブリがある1号機の格納容器の内部の圧力が今回の地震の前より低い状態になり、東京電力が原因などを調べています。
以上
 
PR
PR