“脱炭素を進める” 製紙メーカー 成長早い樹木の生産を本格化 | 脱炭素社会への動き | NHKニュース

ツイッターのコメント(11)

エリートツリーこれは要チェックかもしれません。
「標準的な品種より成長が速く、大気中の二酸化炭素を多く吸収するスギやヒノキの生産に乗り出すなど、森林を活用した取り組みが本格化」
杉やるならできれば花粉少なめのやつを…
エリートツリーは花粉飛散量も減らせるとの事。
素晴らしい。
先ず、熱帯雨林の伐採を止めるべきです、その上で、植林を製紙業界全体で事業化すべきです。/
#1分でわかる今日のニュース
✍️

脱炭素を進めようと、国内の製紙メーカーの間では標準的な品種より成長が速く、大気中の二酸化炭素を多く吸収するスギやヒノキの生産に乗り出すなど、森林を活用した...

👇続きは
「なんで杉なんや…」
ゾウキデエエノニ…(* ̄◇)=3
“日本製紙は、約1.5倍の速さで成長し、花粉の量が半分以下で、より多くの二酸化炭素を吸収するエリートツリーの生産をことしから本格化。社有林で植林しているほか、森林事業者にも苗木を販売”

“を進める”
>エリートツリーはスギやヒノキなどから成長が速い個体を選んで交配したもので、標準的な品種と比べ、おおむね1.5倍の速さで成長し、花粉の量が半分以下などの目安があり、より多くの二酸化炭素を吸収するのが特徴
脱炭素を進めようと、国内の製紙メーカーの間では標準的な品種より成長が速く、大気中の二酸化炭素を多く吸収するスギやヒノキの生産に乗り出すなど、森林を活用した取り組みが本格化しています。
>エリートツリーは、スギやヒノキなどから成長が速い個体を選んで交配したもので、標準的な品種と比べ1.5倍の速さで成長。花粉の量が半分以下などの目安があり、より多くの二酸化炭素を吸収する。国内に9万haある社有林で植林。森林事業者にも苗木の販売を進めている
以上
 
PR
PR