トンガ噴火日本への影響 多少の潮位変化も被害心配ない 気象庁 | NHKニュース

【NHK】気象庁によりますと日本時間の15日午後1時10分ごろ、南太平洋のトンガ諸島で大規模な火山噴火が発生しました。この噴火につ…

ツイッターのコメント(63)

それはそれとして、気象庁は15日の19時すぎに「心配ない」と発表した事実はおさえておきたい。
観測史上初の現象が起きてるっぽいと。なるほど難しい現象だわな。ただ、宵の間に日本への影響は無いと発表して、そのあとの夜中に津波警報を出す羽目になったこと自体はかなりまずい動きなので、今後のメカニズム解明と警報運用へのフィードバックが待たれる。
今起きていることからすると、「プロでもこの状況は読めない」ってことだよな・・・やっぱ自然って強いし怖い
防災情報伝達においての改善点を敢えて挙げるとすれば、この時点での情報で「ただし、潮位変化の観測状況によっては津波注意報または津波警報が発表される可能性があります」という文言を付記することになるのでしょうか。
なんか気象庁を責めるな!!みたいなこと言うてる人多いが、最初は心配ない言うたんやで?初めての事態でまだはっきりしたことは言えない警戒せよ、でなく。
だんだん状況を理解してきたけど、1/15時点でこんなことを言っていたのか。 |
気象庁は当てにならない。
トンガの噴火に関して昨日ニュースで見たときの情報がコレ。この数時間後に津波警報が出て、そして朝には騒ぎとなっていた。
昨日午後7時すぎ時点の発表
>「日本では多少の潮位の変化があるかもしれないものの被害の心配はない」。潮位の変化は▽北海道から鹿児島県にかけての太平洋側と沖縄奄美の広い範囲が中心でいずれも20㎝未満と予想、早いところで午後9時ごろから1日程度続く可能性があるという
朝起きてニュース見たら津波きてて結構高い。
あてにならん.......
 
PR
PR