ビジネス特集 太陽光パネル“大廃棄時代”がやってくる | 脱炭素社会への動き | NHKニュース

【NHK】10年前から急速に拡大した太陽光発電に使われるパネルの寿命は20年から30年。迫り来る太陽光パネルの“大廃棄時代”への対…

ツイッターのコメント(429)

太陽光パネルの耐用年数は20年から30年ほど。2030年代半ば以降、寿命を迎えるパネルが大量に出ると予想されている。また、10年くらい前のパネルは発電効率が悪く、発電効率を上げるため新しいパネルに買い換える動きも拍車に。
太陽光パネル“大廃棄時代”がやってくる⚡️

日本の太陽光発電は10年前から急速に拡大
☀️ 2030年代半ば以降、寿命を迎えるパネルが大量に出る予想
不法投棄に繋がる懸念も
(NHK)
再エネの推進は重要な一方で、持続可能な“パネルの処理”のあり方ついては議論が必要です。
シリコンをきっちりリサイクルできればアルミリサイクルに近いことは出来るんだろうけど、良心に頼るのとそういうインセンティブがきっちり働くような仕組みと
→今後、FITで増えた太陽光発電所のパネルはいずれ廃棄・リサイクルされる事になるが、こういった事業者が増える事が必要。特に環境を考えたうえでリサイクル手法が確立されることに期待しています。
自然エネは補助電源て分かってんのに、で、低炭素問題で、人口計画の呼び掛けもなしに、なんで突き進めるかね???
こうなることは最初から言われてましたよね…💧
廃棄パネル山積み。太陽光発電のエコではない側面。

ビジネス特集 | 脱炭素社会への動き | NHKニュース
レジ袋より大変そうだけど
太陽光パネルについてシンジローは決めた人じゃなくて進めた人?

NHK NEWS WEB: 太陽光パネル“大廃棄時代”がやってくる.
設置時に見越して「交換費用込み」の業者で設置したら破綻して逃げられた!って話は知り合いから聞いたなぁ(眉唾|
雪が積もると破損するんだってよ!毎年税金で直すのか?

左翼は この記事を読んでもメガソーラーが再生可能エネルギーとして優秀だと思うのか?

綺麗事は薄っぺらで💩って事ね
 
PR
PR