中小企業の返済猶予で要件緩和 全国銀行協会の指針案が判明 | 新型コロナ 経済影響 | NHKニュース

ツイッターのコメント(8)

・債務超過を解消までの期限を3年から5年に延ばす
・経営責任として、退任ではなく報酬の減額を認める
・銀行と企業の間に弁護士や公認会計士などの第三者が入って調整する仕組みを新たにつくる
“銀行と企業が話し合って返済の猶予などを決める「私的整理」の要件の緩和が盛り込まれることがわかりました。

具体的には、債務超過を解消するまでの期限をこれまでの3年から5年に”

ちょっと嬉しいかも😄

【 全国銀行協会の指針案が判明】
中小企業への返済猶予という記事。内容的には私的整理など倒産に近いところまで経営悪化している場合に関する話のよう。もっと手前で、業績を反転させられるかどうかが重要ですが、コロナだから思い切った意思決定ができたという事例もあり、経営者のガッツが試される場面です
役員報酬を下げるのは良いが、社長貸付金の増加にも繋がりかねない
銀行はそんな事分かっているはず…
金融モラトリアムの二の舞感があるとかないとか。。。
新型コロナの影響などに配慮して銀行と話し合って返済の猶予などを行う場合の要件を緩和し、経営責任として、退任ではなく報酬の減額を求めることも認めるなどとしています。 / (NHKニュース)
”債務超過を解消するまでの期限をこれまでの3年から5年に延ばし、事業の再生により長い期間をあてられるようにします”

2022年1月12日 4時25分
以上
 
PR
PR