国民 玉木代表 ”参院選に候補者を積極的に擁立 党勢拡大へ” | 参院選 | NHKニュース

ツイッターのコメント(18)

この人物は立憲への対応について、「政策面の一致が重要だ」と述べているが、政策が一致していたらそもそも別々の政党である理由がないわけであり、連携したくない本音を隠す為の方便にしか聞こえない。
“この中で玉木氏は「ことしは経済活動や人の流れなどを、新型コロナの感染拡大前の水準に戻していくことに全力を傾ける年にしたい”
少しずつでも支持が増えてると思う。少なくとも私の周りでは。このままの路線で頑張ってくださいね。玉木さん。
ぶれない姿勢、そして誠実な姿勢でアピールを続けて存在示す。
>立憲民主党が掲げる『原発ゼロ』は現実的ではなく、支援組織が納得できない政策を掲げているかぎり、一般論として協力は難しい

チェルノブイリ見た後だから、原発依存する方が非現実的だと思うんだけどなー。
リターンに比べてリスクが大きすぎると思うんだけど。
次の参院選で消滅するのを待つのが吉。
その前にクーデターが起こるか。
結果、維新と選挙協力し吸収されるのか?
理想を言うのは簡単だけど、実現できなきゃ意味ない。
現実路線を貫く国民民主党を応援します。
年頭にあたって三重県伊勢市の伊勢神宮に参拝したあと、記者会見

第二自民党
参院選で勝って「消費税減税」と「トリガー条項凍結解除」実現させましょう😊
玉木サン期待してます🙌
〉国民民主党との連携強化に意欲を示す立憲民主党への対応について「共産党との関係に加え、政策面の一致も重要だ。立憲民主党が掲げる『原発ゼロ』は現実的ではなく、支援組織が納得できない政策を掲げているかぎり、一般論として協力は難しい」と述べました。

そらそうよ。
>「われわれの『改革中道』『対決より解決』という姿勢は引き続き貫きたい。まだまだ小さな勢力なので、大きくしていくことが必要で、参議院選挙では候補者の擁立を積極的に行い、特に定員が2人以上の『複数区』では、候補者を立てることを基本にしたい」と述べました。
野党の邪魔するなら早く自民と連立組めよ。維新と合併でもいいよ。国民民主党は自分達が目立つことしか考えてない。何のために存在している政党なのか、さっぱりわかりません。
“国民民主党との連携強化に意欲を示す立憲民主党への対応について「共産党との関係に加え、政策面の一致も重要だ。立憲民主党が掲げる『原発ゼロ』は現実的ではなく、支援組織が納得できない政策を掲げているかぎり、一般論として協力は難しい」と述べました。”
政策面の一致も重要だ。立憲民主党が掲げる『原発ゼロ』は現実的ではなく、支援組織が納得できない政策を掲げているかぎり、一般論として協力は難しいと述べました。
以上
 
PR
PR