福島第一原発 廃炉に向け「燃料デブリ」採取など計画 | 福島第一原発 | NHKニュース

12コメント 2022-01-01 23:39|NHKオンライン

ツイッターのコメント(12)

東京電力福島第一原子力発電所では、廃炉に向けた作業が続いています。最大の難関とされる、溶け落ちた核燃料、いわゆる「燃料デブリ」の本格的な取り出しに向けて、ことしは、ロボットを使った調査やサンプルとしての採取などが計画されています。
東京電力福島第一原子力発電所では、廃炉に向けた作業が続いています。
「東京電力は今後、採取する量を段階的に増やす方針ですが、強い放射線を出す燃料デブリの安全な取り出しや保管などをどのように進めるかが課題です」

それな!
廃炉に向け「燃料デブリ」採取など計画|NHKニュース
1号機では「燃料デブリ」確認に向け、今月中旬からロボットを投入して格納容器内部堆積物の調査を始める計画
2号機はイギリスで開発されたロボットアームを使い、年内にも燃料デブリを数グラム程度採取する計画
1号機から3号機までデブリの総量は880トン。この中から僅か1gを2号機から取り出す。いよいよ廃炉に向けた最難関に突入する。もちろんその間も、というか廃炉になるまで核燃料を冷やすため水は出続ける。
「敷地内にまだ余裕があるから」の意見は本当に単なる先送りだと思う
・1号機 今月中旬からロボットを投入して格納容器内部にあるとみられる堆積物の調査を始める計画
・2号機 イギリスで開発されたロボットアームを使い、年内にも、燃料デブリを数グラム程度採取する計画
福島第一原子力発電所では、廃炉に向けた作業が続いています。溶け落ちた核燃料、いわゆる「燃料デブリ」の本格的な取り出しに向けて、ことしは、ロボットを使った調査やサンプルとしての採取などが計画されています
廃炉費用にいくらかかるのよ。
廃炉費用入れてたら火力発電に比べて高くなるよね。海水温めて二酸化炭素放出するし。放射性廃棄物永遠に貯蔵しないとならないし。誰得?
福島「燃料デブリ」採取計画
【動画あり】

10年が経ってネガティブな気持ちから
もう前向きに考えていこうと思っている。
廃炉技術で日本は世界一の知恵が結集する国になる。
廃炉へ向けての技術革新を見守って応援したい。
世界の原発でもいつか、役に立つ日が来るはずだ。
東京電力福島第一原子力発電所では、廃炉に向けた作業が続いています。最大の難関とされる、溶け落ちた核燃料、いわゆる「燃料デブリ」の本格的な取り出しに向けて、ことしは、ロボットを使った調査やサンプルとしての…
原子力に詳しい元首相よ、何か言うことはないか?
以上
 
PR
PR