生活習慣病などで体内にたまる「老化細胞」 マウス実験で除去 | 医療 | NHKニュース

ツイッターのコメント(20)

テロメアが伸長復元する若返りの薬ではなく、老化細胞を白血球が食べやすくするためのワクチンとのこと。記事中にあるよう、老化細胞が悪さをする動脈硬化や糖尿病用の薬。
超富裕層が、爆買いしそうなワクチンだな?
ファイザーもこれ作れば、人類貢献できるかも?
順天堂大学などのグループは、マウスの実験でワクチンのように免疫を刺激する物質を投与して「老化細胞」を取り除くことができたと発表し、将来、老化に伴う病気の治療につながる可能性もあるとしています。
生活習慣病などの人の体内にたまる「老化細胞」、マウス実験で除去に成功。順天堂大学 「加齢とともに増える病気の治療につながる可能性」
老化もどうにかなる時代が来るのかね
生活習慣病などの人の体内では、老化して正常に働かなくなった細胞がたまっているとされます。順天堂大学などのグループは、マウスの実験でワクチンのように免疫を刺激する物質を投与して「老化細胞」を取り除くことができたと発表、将来、老化に伴う病気の治療につながる可能
江戸時代の平均寿命のおおよそ倍になった今。更に寿命が伸びそうな未来。
「マウス実験で老化細胞の表面に多く現れる物質のワクチン投与により、抗体が作られ「老化細胞」を除去。糖尿病や動脈硬化のマウスで症状が改善。老化したマウスでは身体機能の低下が抑えられた」
老化細胞は
分裂遅くなり(記事要点)

がん細胞は増殖速く(私知識)
ウイルスは細胞に感染したなら
細胞分裂の増殖スピードとは比較
にならない速さで細胞外にウイルス
を増え散らかす(私知識)
マウス実験で除去|NHKニュース 「GPNMB」の断片の物質をワクチンのように投与したところ、免疫細胞が刺激されて抗体が作られ、実際に「老化細胞」を取り除くことができた
糖尿病や動脈硬化は症状改善、老化は身体機能低下が抑えられた
血管の老化が防げるなら夢のよう🥰





「老化細胞」の表面に「GPNMB」と呼ばれるたんぱく質が多く現れることに注目し、免疫の働きでこのたんぱく質を標的にして攻撃することで「老化細胞」を取り除くことに成功
まァ,良い面がある一方でこゆことするとまた年寄りが爆発的に増えていくことに…苦痛とか不快感とかは除いてもらいつつ草木が枯れていく様になるたけ自然に死にゆきたいものだ…
これは将来に期待したいですね😳
将来、老化に伴う病気の治療につながる可能性もあるとしています。
この研究成果は凄そうだな。
順天堂大学か。
この大学についても詳しく知らないな。医学が主体の大学かな。
病気治療に使われるのはいいけれど、と思う
『ワクチンのように免疫を刺激する物質を投与して「老化細胞」を取り除くことができたと発表』
以上
 
PR
PR