秀吉 信長を弔う寺の建立で大量の資金調達示す古文書 | NHKニュース

【NHK】本能寺の変のあと、羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉が、織田信長を弔う寺を建てるために大量の資金を調達していたことを示す古文書が、…

ツイッターのコメント(37)

松山市が40年前に購入したものがこんなにも時間が経って世に出て来るとは・・・寧ろ遅すぎでは?
まだたくさん眠っている資料があるに違いない。
「これまで秀吉が信長の菩提寺の建立の資金などをどのように捻出したのかはよく分かっておらず、今回の発見は、その一端を具体的に示すものだとしています。…」
歴史学とは「金の歴史」を学ぶことと、大学の教授が言ってたような、寝てたような。
人を動かすのはいつも貨幣だ

【 信長を弔う寺の建立で大量の資金調達示す古文書】
いろんな資金調達があるんだな…

「秀吉が大量の資金を集め、信長亡きあとの権力争いを有利に進めようとしていた」
#古文書 #織田信長 #豊臣秀吉
秀吉は、信長を尊敬してたと言うのは有名な話だけど、こういった話だと展開統一への野心も感じるね…
未だにこういう史料が見つかるの凄いねえ
合千枚者、右の銀子、総見院の寺建立為大徳寺へ寄進也よって件の如し、かな?
| 金千枚。今の貨幣価値で数億円くらい・・。秀吉だけ当時の拠点が畿内なので集金力が他の競合武将より大きかったのかも。
 
PR
PR