重大ないじめの調査のあり方 文部科学省が検討始める | 教育 | NHKニュース

【NHK】深刻ないじめが全国であとを絶たない中、重大ないじめが起きた際の初期対応や調査の中立性などに課題があるとして、文部科学省は…

ツイッターのコメント(39)



≫重大ないじめが発生しても認知されないことや、調査が迅速に行われなかったり《 委員の人選 》が中立・公平でなかったりすること、自治体によって対応に差がある…
遅すぎます。
検討なんてしなくても、粛々といじめを容認した教師を刑事犯として麦飯でおもてなしするようにすれば解決だろうに…
ようやく動くようです。
遅すぎる感はありますが、それでも朗報ではないでしょうか。
また抜け穴がないように、しっかり制度を作って行ってほしいです。
いじめ調査のあり方より、青のスクールポリスみたいな感じの「いじめは犯罪」ってのもうちょっと浸透させてくれんかね。
被害者が我慢すればより、加害者は精神病んでるから病院いけ、って認識も追加で
こういう問題があるという。
・重大ないじめが発生しても認知されない
・調査が迅速に行われない
・委員の人選が中立・公平でない

NHK NEWS WEB: 文部科学省が検討始める.
死ぬほど辛いのと、死ぬのは違う。

さあやさんに謝る方法は唯一つ。

それは、死ぬ事。

このアタリマエのことが分からない人間が多い。理屈としては、簡単だ。
今後子供庁の在り方、注視しないと。
のあり方 が検討始める |
学校だけに任せるのではなく、専門的な知識を持ったカウンセラーを配置して欲しい。
全て学級担任、学校でどうにか調査して解決していくのは、難しい。
 
PR
PR