スーダンで首相など拘束か 民主化勢力“軍によるクーデター” | NHKニュース

【NHK】独裁的な長期政権が崩壊し、民政への移管が進められてきたアフリカのスーダンで、首相や閣僚などが武装した部隊によって拘束され…

ツイッターのコメント(19)

クーデター(2年ぶり5回目)
またも米国の思い通りにはいかなかったようですね
>独裁的な長期政権が崩壊し、民政への移管が進められてきたアフリカのスーダンで、首相や閣僚などが武装した部隊によって拘束されたと現地の複数のメディアが伝えました。民主化勢力は軍によるクーデターだと非難し市民に抗議デモを呼びかけていて、緊迫した状況が続いている
スーダンで軍事クーデター発生
スーダン 独裁的な長期政権が崩壊し、民政への移管が進められてきたアフリカのスーダンで、首相や閣僚などが武装した部隊によって拘束されたと現地の複数のメディアが伝えました
“軍によるクーデター”
まーたクーデタかよ
また軍主導の反欧米政権が誕生するのか…
「先月にはバシール前政権とつながりのある一部の兵士によるクーデター未遂が起きたほか、今月に入り、軍と民主化勢力の対立も表面化」
独裁的な長期政権が崩壊し、民政への移管が進められてきたアフリカのスーダンで、首相や閣僚などが武装した部隊によって拘束されたと現地の複数のメディアが伝えました。民主化勢力は軍によるクーデターだと非難…
またかよ
来年までは暫定共同統治じゃなかったのかよ
最近こんなニュースをよく見るけど、個人的にはアジアやアフリカでは欧米型の民主政治は浸透しないと思う。何故なら、そういう意識が国民に根付かないから。だからもう無理に関わろうとせずに成り行きに任せればいい。
う〜ん、9月にはギニアでクーデターが起き、今度はスーダンか…。スーダンでのクーデターは初めてではないが、原油や食糧などの一次産品の高騰が政治不安につながるのは「アラブの春」と同じ流れ。
世界情勢は地獄絵図なり
<現地の複数のメディアは25日、首都のハルツームでハムドク首相や複数の閣僚が武装した部隊によって拘束されたと伝えました。>
バシールがやっと退陣したと思いきや早速軍によるクーデターか。ギニアといい、最近は内戦にならないようにトップを拘束してサクッとクーデターをやろうとするのが流行りなのかな。
ウイグル、香港、ミャンマー、スーダン、世界中で民主化勢力つまり普通のまともな庶民が、独裁や軍政にねじ伏せられる。危険な兆候。
スーダンで軍によるクーデター↓

独裁的な長期政権が崩壊し、民政への移管が進められてきたアフリカのスーダンで、首相や閣僚などが武装した部隊によって拘束されたと現地の複数のメディアが伝えました
民主主義が失われると、軍とか独裁者が暴走してしまう。
以上
 
PR
PR