“2025年以降 中国が全面的な台湾侵攻の能力” 台湾 国防部長 | 台湾 | NHKニュース

【NHK】台湾が設定した防空識別圏に進入する中国軍機の数が急増する中、台湾の邱国正国防部長は「2025年以降、中国が全面的な台湾侵…

ツイッターのコメント(16)

邱国正国防部長「2025年以降、中国が全面的な台湾侵攻の能力を持つ」
「 国防部長」

10/13 BS1「キャッチ!世界のトップニュース」によると:

そのため台湾当局は、射程の長いミサイルの量産などに取り組み、中国に対する抑止力を高めることにしているのだと。
|

台湾に協力するのは、主にアメリカやイギリス・日本とその他もろもろ。
これは第三次世界大戦の始まり?w

中国が引きそうにないから中国次第か
始まったらどちらにしろ台湾無事でおれる保証なくない?
10年前なら「それはないでしょう」と思ったはず。
でも、国家主席の任期撤廃や香港の一国二制度が崩壊した現在では一概に「ありえない」とは言えない😓
香港を見れば言って分かるような相手ではない
侵攻を前提の構えが不可欠
事前に尖閣に自衛隊、米軍を常駐
侵攻同時に、西沙、南沙を奪還
2025年から30年くらいが一つの山場。
つくよみちゃんで、現代史解説動画作ろうかなぁ……
つくよみちゃん可愛いんじゃもん笑
台湾の邱国正国防部長は「2025年以降、中国が全面的な台湾侵攻の能力を持つ」と危機感を示し、抑止力の向上を急ぐ必要性を強調しました。
2025年…もう丸4年を切ってる。
「台湾が設定した防空識別圏に進入する中国軍機の数が今月に入って急増していて、5日までの5日間だけで、延べ150機に」
>台湾侵攻の可能性をめぐり、侵攻によって得られる利益と損害の大きさを比較し利益が上回った場合、実行に移す可能性が高まる。邱部長は「2025年以降、中国のコストと損害は最低限となり、全面的な台湾侵攻の能力を持つ」と危機感を示し、抑止力の向上を急ぐ必要性を強調した
🇹🇼 邱国正国防部長「2025年以降、中国が全面的な台湾侵攻の能力を持つ」

台湾の防空識別圏に進入する中国軍機の数が今月に入って急増、5日までの5日間だけで、延べ150機。
あら夕方6時台に全国報道してるわ、意外。ゴールデンタイムにはどうだろ。>
蔡総統は一連の進入が「国際社会共通の関心事項になっている」としたうえで「中国のやり方は地域の平和と安定を著しく破壊している。不測の事態を避けるため、自制するよう警告する」と述べました。
台湾が設定した防空識別圏に進入する中国軍機の数が急増する中、台湾の邱国正国防部長は「2025年以降、中国が全面的な台湾侵攻の能力を持つ」と危機感を示し、抑止力の向上を急ぐ必要性を強調しました。
以上
 
PR
PR