「フリーランス」で働く人 コロナ感染拡大前の2倍近くに | 新型コロナ 経済影響 | NHKニュース

【NHK】企業に雇用されていない「フリーランス」として働く人について人材仲介会社が調査を行い独自に推計した結果、感染拡大前の2倍近…

ツイッターのコメント(64)

――「フリーランス」として仕事を請け負い、生計を立てている人は551万人にのぼり、去年の同じ時期の2倍近くに上っています。オンラインを通じて一日や数時間などの単発の仕事を受けて働く「ギグワーカー」は308万人と、去年の同じ時期のおよそ5.3倍に急増したとしています
フリーランスで働く人がコロナで2倍に。経験年数とかで実力を見がちだから若いフリーランスの居場所が無くなるよなぁ。

アウトソーシング系も案件取れない+単価低いで結構厳しいから貧乏フリーランスは今後増えそう。
現在確認されているだけで551万人がフリーランス。
こないだ発表があった65歳以上で働いている人が800万人以上。
足したら日本の人口の1割いってる…。
プラス非正規…怖い…。
国内のフリーランスが1年で倍になってるらしいが、さすがにほんとに?となる
一気に増えた。フリーランスをサポートする制度が整備される流れが加速。
9月も残りわずかとなりましたね。
寒さも増し、長袖必須の日々となってきました。
皆様ご自愛くださいませ。

フリーランスを生業とするエミリーも気になるニュース
ギグワーカー、去年の同じ時期のおよそ5.3倍に急増したそうです。参考までに。。
551万人!

……と、これが言いたかっただけです。
大方、就職が厳しい人だろう。失業者というと聞こえが悪いから、流行りのフリーランスを名乗りアルバイターとして活動する。満足な仕事のないフリーランスもいるだろう。
彼らは失業率には組み込まれない。

以前のそうした通り
”企業と雇用契約を結んで正社員や非正規雇用で働いていた人が、新型コロナウイルスの影響による失業や収入の減少で生活に困った時に収入をすぐに確保したい”
…理由はほぼコレじゃないの?
 
PR
PR