日本企業の買収や出資など過去最多に コロナで事業見直し | 新型コロナ 経済影響 | NHKニュース

【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大による事業環境の変化に対応しようと、企業の買収などが増えています。ことしの1月から先月までに…

ツイッターのコメント(7)

中小企業の創業者が高齢化が進み、しかし後継者がいないケースが多いでしょうから、事業継承という意味で、例えば会社員だった人がそういった後継者不在の企業を買収して事業継承する、みたいな動きが活発化すれば、もっと...
ことし1月から先月までに日本の企業が行った、ほかの企業の買収や出資の件数は2794件でした。
去年の同じ時期と比べ、382件、率にして15%余り多く、調査を始めた1985年以降で最も多くなりました。
企業買収の仲介や助言を行うレコフによりますと、ことし1月から先月までに日本の企業が行った、ほかの企業の買収や出資の件数は2794件でした。
M&Aが活発/活況なんだ。
「コロナ禍で事業環境が急速に変わる中、多くの企業がこれまでの事業の見直しを図っていることが、買収などの増加につながっている」(レコフ)
気象テック、無人テック、通信と電気エネルギー。
以上
 
PR
PR