文部科学省 新事務次官に義本博司氏起用 | 教育 | NHKニュース

【NHK】政府は、14日の閣議で文部科学省の新しい事務次官に義本博司・総合教育政策局長を起用する人事を決めました。

ツイッターのコメント(10)

高等教育局長在任中の平成30年には文部科学省の接待汚職事件をめぐって減給の懲戒処分を受けました。‥‥ってな人を、
なんだか悪い予感しかしない。こんな人物が文科次官で大丈夫なんだろうか?また教育がかき回され改悪されていくのだろうか?😮‍💨😫
『一方で、高等教育局長在任中の平成30年には文部科学省の接待汚職事件をめぐって減給の懲戒処分を受けました。』
これって『懲戒処分された人でも活躍できる社会ですよ』っていう文科省の教育ですかね?(嫌味ですが)
「高等教育局長在任中の平成30年には文部科学省の接待汚職事件をめぐって減給の懲戒処分を受けました。」
政府は、14日の閣議で文部科学省の新しい事務次官に義本博司・総合教育政策局長を起用する人事を決めました。
前科もんでも事務次官って文科省人材貧困だな。いっそ全員懲戒免職にしてやり直せばよくね?

しらんけど
昭和59年旧文部省に入り、高等教育局の高等教育企画課長や大臣官房の会計課長、総括審議官を務め、大学入試センター理事を経て、今年1月から総合教育政策局長。
平成30年に文科省の接待汚職事件で減給の懲戒処分
半藤一利著者。
以上
 
PR
PR