【データで見る】アストラゼネカのワクチン 血栓症のリスクは? | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

【NHK】公的な予防接種に追加されたアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンは、23日から一部の自治体で接種が始まりました。この…

ツイッターのコメント(22)

アストラゼネカ・ワクチンは血栓ばかり言われて困るが。成分に対するアレルギーの問題で先行するmRNAワクチンを打てない人が代わって受けることができるには、もっと評価されるべきだと思う。
この記事を信じ、イギリスと日本で差異がほとんどないのであれば、0.0017%程度ということになるか。
結びに専門家の意見。対新型ウイルスと考えれば割は良いと。
うーむ、難しいけど、アレルギー起こしてワクチン接種ができていない人は打った方がいいよなあ。40歳未満で、アレルギーを起こしてる人への緊急措置も認めて欲しいところだが、どうなんだろう。
アストラゼネカのワクチン | NHK  「アストラゼネカのワクチン接種後の血栓症はかなり頻度が低く、年齢層を限定すれば新型コロナを予防する利益のほうが上回ると考えられる。感染状況を考えるとワクチンが接種できていない40代、50代に迅速に接種を→
「血栓が詰まる場所は脳や心臓、足の血管などさまざまで、海外からの報告では脳静脈が詰まるケースが多い」ってあるけど心筋梗塞や脳梗塞になる可能性があるってこと?ちょっと怖いな。
血栓症のリスクは?|NHKニュース
接種100万回当たり14.9件、多くが1回接種のあと
18〜49歳20.2件
50歳以上11件
詰まる場所 脳静脈が多い 脳や心臓、足の血管など様々

頭痛や腹痛、胸の痛み
吐き気
ひきつけやけいれん
受診が必要
”49歳の男性は「アストラゼネカのワクチンにネガティブな情報もあるが、国が承認していて他の国でも使われているので特に不安はなかった。とにかく早く打ちたかったです」”
この症状が出たら受診の目安を接種した人にちゃんと周知できてることを祈る
> 2021年8月11日までにイギリス国内でこのワクチンを少なくとも1回接種した2480万人のうち、血小板の減少を伴う血栓症になった人は412人
コロナそのものと比べたらどっちがリスク高いのか。
リスキーな人には予防的に血を固まりにくくする薬を服用させればいいのに。
私は医師に処方されて飲んでいる。ジェネリックが無いので少し高いが脳梗塞になるよりマシ。内出血もしないし怪我しても普通に血は固まる。

アストラゼネカのワクチン
 
PR
PR