作家 高橋三千綱さん死去 「九月の空」で芥川賞受賞 | おくやみ | NHKニュース

【NHK】小説「九月の空」で芥川賞を受賞したほか、がんと向き合う日々を赤裸々につづった作品などでも知られる作家の高橋三千綱さんが、…

ツイッターのコメント(17)

ありゃ、亡くなったのか。。
映画観に行ったわぁ(ノ_・。)
高橋三千綱さん、先月亡くなったのか。『九月の空』好きだったな。ご冥福をお祈りします。
朝鮮戦争と認識したとたん亡くなる方々も、確かに。
ご冥福をお祈りいたします。
小説「九月の空」で芥川賞を受賞したほか、がんと向き合う日々を赤裸々につづった作品などでも知られる作家の高橋三千綱さんが、今月17日、東京 八王子市の自宅で亡くなりました。73歳でした。
市ヶ谷の私学会館の前まで送っていったのはいつだったっけ?前後関係が思い出せないけど、雨の日だった。
ゴルフ漫画の原作者ってイメージが強いけどデビュー当時は純文学だったんですよね。合掌。
ご冥福をお祈り致します。これ迄の作家活動、お疲れ様でした。
まず一番に少年ガンガン(タケルの誓い)が浮かぶくらいのエニックス脳でございます。
73歳、どうかごゆっくり。
小説「九月の空」で芥川賞を受賞したほか、がんと向き合う日々を赤裸々につづった作品などでも知られる作家の高橋三千綱さんが、今月17日、東京 八王子市の自宅で肝硬変と食道がんのため亡くなりました。73歳でした。
昔「優駿」を愛読していて高橋三千綱さんがよくエッセイを寄稿されていたのを覚えている。神代高校のご出身だったのはびっくり。合掌
2021/8/22 23:57
新聞社を退職し、剣道に打ち込む男子高校生の成長を描いた小説「九月の空」を発表し、1978年芥川賞を受賞しました
その傷の痛みは俺の心の痛みだ 
しか知らん
ご冥福をお祈りします。
「九月の空」が掲載された雑誌をちょうど高校二年生の夏休みに、祖父母のいる山口県の田舎で読んだ頃を思い出します。9月の空ではなく、今日の空みたいな夏の快晴の空の記憶が重なります。ご冥福をお祈りします。

|
以上
 
PR
PR