スリランカ人女性死亡 開示資料 “ほぼすべて黒塗り”遺族会見 | NHKニュース

【NHK】名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ人の女性が死亡した問題で、遺族らが17日に記者会見を開き、管理局がこれま…

ツイッターのコメント(33)

資料を開示したら出てきたのはほぼすべて真っ黒に塗られた書類でした。これでは何も分かりません。ちなみにこの資料の開示実施手数料として15万6,760円も請求されたそうです。
スリランカ大使館も事実上の黒塗りです。
同様に問わないとUnfair.は誰でも分かるはず。
真実を求めるなら 何故姉妹は
スリランカ大使館も責めないのでしょう?
私なら両者を問います。
「開示しませんでした」とか「開示を実質拒否しました」とかじゃねえか?>NHK

国(民)を愚弄する国家司法当局って、民主主義国には存在しないわけで…

>
この黒塗りの記録の全てが 残虐行為だったと思うと
鳥肌が立ちます。
これは間違いなく、国際問題までに発展する。
スリランカだけではなく、全世界から日本は非難を浴びることだろう。
黒塗りは、単なる紙とインク(と用意する時間)の無駄遣いだから、開示できる部分だけ抜き出した方が良かったような気がする。
許すまじ屈辱的な行為
「誰が見せるかバーカ」という連中の意思表示では?
黒塗りの汚い紙だけ送って、印刷代を請求する。名古屋入管の内情が、ポージングだけの開示(してない)資料。
・処遇関係の書類等を開示してください
自分が近親者の不審死について金払って開示請求してほぼ全部黒塗りで出されたらと考えると怒りしかわかない。開示とは言えないし、これで開示なんて詐欺まがいだよな。不信感しかない。
 
PR
PR