IMF ワクチン接種率の違いによる経済回復ペースの格差拡大懸念 | 新型コロナ ワクチン(世界) | NHKニュース

【NHK】IMF=国際通貨基金は、今の世界経済の状況について「断層が広がっている」として、新型コロナウイルスのワクチンの普及の違い…

ツイッターのコメント(10)

ワクチンの接種率
先進国の39%に対し
新興国は11%
低所得国は1%

変異ウイルスのデルタ株の感染も収まらないことで「断層が広がっている」とし、経済回復ペースの格差拡大に懸念!
こうしてリアルに数値として出てくるのよ、接種遅れが。
経済を回したいというなら、同じようにワクチン接種を急ぐべきだったよね。二兎追うものは一兎をも得ず。
>IMFは今年の世界全体の成長率はプラス6.0%と、前回、3か月前の見通しを維持。ただ、ワクチンの接種率が、先進国の39%に対して、新興国は11%、低所得国は1%にとどまっている上、デルタ株の感染も収まらないことで、経済の回復ペースの格差拡大に懸念を示した
日本も、感染対策の規制の長期化を理由に0.5ポイント引き下げて2.8%としました。
要点は「日本も、感染対策の規制の長期化を理由に0.5ポイント引き下げ」ってところでしょう。→
各国が準戦時経済で、
ハンセン病(水俣病)は第二次世界大戦の病で、詳しく現在の事柄で言えば、イラン政府のウランの濃度放出問題。
第三次世界大戦(歴史認識書籍を)朝鮮戦争休戦の再開中。
しかし、日本は接種ペースをあげようとしない。
IMF=国際通貨基金は、今の世界経済の状況について「断層が広がっている」として、新型コロナウイルスのワクチンの普及の違いによる回復ペースの格差拡大に懸念を示しました。
日本は接種率は高いけど経済回復は・・・う〜ん、ってなりそうなんだよな・・・ //
以上
 
PR
PR