“比較的重い症状で入院の若者増” 都内の医療機関 警戒強める | 新型コロナウイルス | NHKニュース

【NHK】新型コロナウイルスの感染が広がるなか、都内の医療機関では症状が比較的、重い状態で入院する若い世代が増えていて、警戒を強め…

ツイッターのコメント(32)

7時のニュースで流せよ
22日時点で専用病床に24人が入院していて、このうち10才未満が1人、10代が1人、20代が6人、30代が4人、40代が3人、50代が3人と若い世代が75%を占めています。
新型コロナウイルスの感染が広がるなか、都内の医療機関では症状が比較的、重い状態で入院する若い世代が増えていて、警戒を強めています。
後遺症問題も含め、まだまだ立証されていないことが多い。ウイルスは今も変異続けている。現在のワクチンで全て問題解決しないとみるべし。イスラエルも効果を90%から60%に変更。
こっわ。ますます白紙化しかねない。
「24人が入院していて、このうち10才未満が1人、10代が1人、20代が6人」
「酸素吸入が必要だったり高熱が何日間も続いたりするなど症状が比較的、重い状態」

大学生にとって危険なコロナ!

対面授業はやめて~!😥😖
「22日時点で専用病床に24人が入院していて、このうち10才未満が1人、10代が1人、20代が6人、30代が4人、40代が3人、50代が3人と若い世代が75%を占めています。患者の多くが、肺炎が悪化して酸素吸入が必要だったり高熱が何日間も続いたりするなど症状が比較的重い状態で…」
>東京北医療センター・宮崎国久医師「入院する人の年齢層が若くなっている印象で、高齢者のワクチン接種が進んでいる効果は実感している。一方で、若い人で入院が必要なケースというのは→
今後はワクチン接種の有無と重症化率、死亡率をどんどん数字としてあげてほしい。ワクチンでは感染防止することは出来ない。ここからコロナと共存していくためどう対処するべきかのフェーズ。
 
PR