福島第一原発 放射性物質吸着の土のう 処分方法検討 | 福島第一原発 | NHKニュース

【NHK】廃炉作業が進む福島第一原子力発電所では、事故対応の際、放射性物質を吸着させるために設置された土のうが建物の地下に残されて…

ツイッターのコメント(12)

残された土のうは表面で1時間当たり最大で4.4シーベルトという極めて高い放射線量
その辺に投棄する
最大4・4シーベルト⁈
作業する人たちが、なるべく被ばくしないように進めてほしい。
| NHK   
土のう表面で1時間当たり最大で4.4シーベルトという極めて高い放射線量が計測されとのこと。遠隔操作によるロボットを使い、土のうの中のゼオライトをポンプで吸い上げる方法などを検討しているそうです。
「残された土のうは表面で1時間当たり最大で4.4シーベルト
どうやって触れるのかさえ難しい高レベル汚染土のう
東電幹部の家や自民や公明の宿舎にでも一時保管すりゃいいんじゃねえの。処理技術が確立するまで
次から次へと問題だらけの福島第一。格納容器の底にある溶け落ちた燃料棒も高線量で取り出せても長期保管する場所が決まってないのだから、もういっそのこと廃炉でなく石棺にするとか、廃炉以外の方法を考えたほうが…
⭕ 原発の事故対応で、放射性物質を吸着する「ゼオライト」を含む土のうが原子炉建屋の周辺に有る2つの建物の地下に残置され、現在も地下に溜まった水を汚染🍉
福島の海に捨てるのかな。

"残された土のうは表面で1時間当たり最大で4.4シーベルトという極めて高い放射線量が計測されたほか、"

第一原発
廃炉作業が進む福島第一原子力発電所では、事故対応の際、放射性物質を吸着させるために設置された土のうが建物の地下に残されていて、東京電力は処分方法の検討を進めています。
(NHK) 廃炉作業が進む福島第一原子力発電所では、事故対応の際、放射性物質を吸着させるために設置された土の
以上
 
PR
PR