“知の巨人” 立花隆さん 問い続けた「人間とは何か」 | おくやみ | NHKニュース

【NHK】「知の巨人」と称された立花隆さんが亡くなりました。政治・経済、宇宙、人間の脳、生命科学、臨死体験、音楽。理系・文系の垣根…

ツイッターのコメント(24)

樹木葬を望んだ彼の一言。
”生命の大いなる環の中に入っていく感じがいいじゃないですか”

これには海への散骨を望む自分に似た解釈があると思った。
「汝の欲するところをなせ」立花隆 知的漂流の羅針盤のような言葉だよね。
個人の政治スキャンダルを暴くことではなく戦後日本の政治・経済・社会そのものの暗部を見つめたかった

これほどまでにエネルギーを注いだ理由について権力を支えていた者も含むすべての人間に対しての「あんな奴らに負けてたまるか」という気持ちがあった
僕も最も影響を受けた一人。
「知の巨人」と称された立花隆さんが亡くなりました。

その業績からは「人間とは何か」という問いへの絶えることのない好奇心に突き動かされてきたことが見て取れます。

その仕事の一部をたどりながら立花さんの足跡を振り返ります。
問い続けた「人間とは何か」|NHKニュース
原点は“引き揚げ体験” 「あすどこへ行くか分からない」
“多読乱読”した10代 「調べつくすという欲望がある」
「田中角栄研究」 緻密なデータで時の首相に対じ
自身の死後の希望書き残す「樹木葬あたりがいいかな
後半の内容は同意しか感じない。立花氏の本は読んだことなかった!読んでみよう!
| NHKニュース 実はこの人のちゃんとした本は読んだ事ないんだけど、「ぼくらの頭脳の鍛え方」のブックリストの本を一時読み漁ったので、私に影響を大きく与えた人ではある。この機会に何か読みたいな。
立花隆さんと言えば…筑紫哲也さんのニュース23(ニュースステーションより23派やった子ども時代🤣)に出てはった印象が強くて。
よく観てたなぁ〜(秋山さんが宇宙に行った頃によく観てたから、何でも知ってはるなぁ〜って思ってた😊)

ご冥福をお祈りします。
 
PR
PR