東電 トリチウム分離技術を公募 福島原発の処理水問題で | 福島第一原発 処理水 | NHKニュース

【NHK】基準以下に薄めて海に放出する方針が決まった福島第一原子力発電所のトリチウムなどを含む処理水について、東京電力は、トリチウ…

ツイッターのコメント(109)

①まず、汚染水に入っているのはトリチウムだけだと、spin刷り込みしておく。
わざわざ分離する必然性が、わからないが、可能なら、術的には興味深い。> を公募 福島原発の処理水問題で
基準以下に薄めて海に放出する方針が決まった福島第一原子力発電所のトリチウムなどを含む処理水について、東京電力は、トリチウムを取り除く技術で実用化できるものがないか公募を行っています。
福島原発の処理水問題で:6/20 NHK
東京電力は、将来的に目指す分離技術として、トリチウムの濃度を1000分の1以下にできることや、1日当たり50から500立方メートルを処理できることなどを求めています。
東京新聞2021/4/14のこちら特報部で
国がこの研究に後向で、にべもなく研究の申し出を断ったって話は何だったのか?
(というか、関係各所話を聞いたら諸々間違いだらけの記事だったのだが(笑))
《東京電力は、トリチウムを取り除く技術で実用化できるものがないか公募を行っています。》
それで特許を取得して世界中に売りまくればいい。その資金で「風評のもと」を粉みじんに粉砕する。
基準値以下にした処理水
既に問題はないが更にゼロにしようとしている
日本の技術力の意地か
河田昌東先生はトリチウム分離可能と発言。東電もそのこと自体は認めているようだ。汚染水放出を是とせず、必要な技術開発を進めろ。
何もしないよりかはマシ……なのかな?💦
 

 
PR