筑波大教授「NGT48」問題論文 大学ホームページから削除で提訴 | NHKニュース

【NHK】アイドルグループ「NGT48」のメンバーとファンのトラブルをめぐる問題について、筑波大学の教授が論文を書き、大学のホーム…

ツイッターのコメント(143)

先月あった提訴のニュースはこちらですね
こちらも表現の自由の兄弟と言える「学問の自由」に関する興味深い訴訟問題です。NGT48のトラブルに関する論文がNGT48の運営会社からクレームをつけられ、大学に削除された、という問題です。

表現の自由を応援する皆様、ぜひ平山朝治教授を応援して頂ければ幸いです。
論文の内容は知らんけど、気に食わない内容としても見れなくするというのは良くないと思う。
間違いとかあるならオープンに反論すればいいかと…
「去年1月にアイドルグループNGT48のメンバーとファンのトラブルをめぐる問題について書いた論文を、大学のホームページ上で公開したところ、NGT48の運営会社「Vernalossom」から削除を求める抗議文が届き、大学に削除された」何様のつもりだNGT運営、明らかに言論封殺だ。
論文を読んでないので軽々には言えませんが。もし、ファンやメンバーの事や気持ちを省みない様な内容なら、人を傷つけてまでの自由とは?
と考えてしまいます。
<GT48の運営会社「Vernalossom」から削除を求める抗議文が>

オーサーに相談もなく削除したんだろうか。

当該論文には個人の名誉やプライバシーにかかわる内容も含んでいそうだけど、それでもまずい対応。
住所とか個人情報が記載されてるのじゃなければ削除は違法だな。
筑波大も情けないな・・・
NGT運営が新手の新曲発売のプロモーションを仕掛けてきたみたいだな(笑)
削除前にダウンロードして全て拝読しました。消されるってことは、あながち内容は当たっているんでしょうね、なんて思います。平山教授、訴訟頑張ってください!
 

 
PR